facebook
GoodDay北海道 » 観光スポット » 函館・湯の川・大沼・鹿部エリア » 見る&遊ぶ&日帰湯 » 道南いさりび鉄道

道南いさりび鉄道

地域情報発信列車「ながまれ号」は通勤・通学の列車としても運行しています

道南エリアゆっくり観光の必須路線! 「ながまれ号」に一度は乗りたい!

2016年3月の北海道新幹線開通に伴い、並行在来線としてJR北海道から経営分離された江差線が、「道南いさりび鉄道」として生まれ変わりました。運行区間は木古内から五稜郭までの12駅で全部の列車が函館まで乗り入れます。沿線には「トラピスト修道院」や「咸臨丸が眠るサラキ岬」などの観光スポットが多数。JRより譲り受けたキハ40形気動車を改装した「ながまれ号」は、日没後の函館山のシルエットに漁火や街の灯り、スターダストをまとった車体は沿線でも注目を浴びており、沿線の観光スポットでも、ながまれ号のグッズが発売されています。「ながまれ」とは道南地方の方言で「ゆっくり、のんびり」といった意味。津軽海峡や、日没後の津軽海峡の漁火と函館山の横夜景を眺めながらののんびりとした列車旅は貴重な体験です。定期列車としての運行のほか、ボックス席に道南杉のテーブルを配置するなどさらに装いを変えて観光団体用に使用されることもあります。

  • 函館のベッドタウンにある東久根別駅。貨車を利用した駅で券売機・トイレもあります
  • 木古内~上磯間は津軽海峡の漁火を望む事が出来ます

MYプランニング北海道

  • 北海道を予約しよう! 北海道を予約しよう!
  • 北海道を食べよう! 北海道を食べよう!
  • 北海道を旅しよう! 北海道を旅しよう!
所在地 本社/函館市若松町12番5号
お問い合わせ 0138-83-1977
料金 普通運賃例/木古内~五稜郭 大人960円 小児480円
駐車場 なし
URL http://www.shr-isaribi.jp/
その他 ・運行区間/木古内~五稜郭(函館まで乗り入れ) ・「ながまれ号」の運行予定はホームページでご確認ください。
この記事が関連付けられているタグ: 新幹線 乗り物 函館エリアエリア 鉄道
PAGETOP
Copyright 2015
公益社団法人 北海道観光振興機構