空気がクリアに澄みわたる季節、
いまこそ行きたいプチ旅行のご案内。

1
2
今しか楽しめない
雪と氷の世界へ
ファンタスティック北海道

世界でもここにしかない、
冬のお楽しみを遊びつくせ。

ダイナミックな冬のアクティビティを満喫。美味しい川魚と温泉に癒されるひととき。

  • 原始の湖・然別湖に湧く恵みの湯。
    自然のエネルギーを全身で浴びましょう。

    鹿追町 然別湖畔温泉

    大雪山国立公園の東、自然豊かな原生林の山々に囲まれた然別湖(しかりべつこ)の湖畔に湧く温泉。周りには手つかずの自然が保たれており、ホテルの営業を認められているのも1軒のみです。鉄分と硫黄分の多いにごり湯は、空気に触れることで青みがかった緑色から茶色に変化します。マイナス30℃になる真冬でも身体の芯からポカポカ温まると評判のお湯を源泉かけ流しで堪能すれば、自然のエネルギーが体中に満ちてきます。また、湧き水で育てられたオショロコマ(イワナ)料理も宿の名物です。

  • 完全結氷した湖の上に現れる幻の村(コタン)。
    世界唯一の氷上露天風呂は絶対に入るべき!

    鹿追町 しかりべつ湖コタン

    北海道で最も高い場所にある自然湖・然別湖は、冬になると完全結氷します。その上に現れる幻の「村(アイヌ語でコタン)」、それがしかりべつ湖コタンです。湖上には、然別湖から切り出した氷と雪のみで作られたイグルーと呼ばれるアイスドームがいくつも出現し、夜になるとライトアップされて美しく輝きます。アイスバーやアイスホテル、氷のチャペルなどのほか、しかりべつ湖コタンで絶対に外せない名物が「氷上露天風呂」です。世界でもここにしかない氷の上の露天風呂は、まさにスペシャルなオンリーワンの体験!

  • 大雪山の伏流水で養殖している淡水魚を、
    自分で釣って味わう体験もできます。

    鹿追町 鹿追やまべ園

    やまべとは北海道弁でヤマメのこと。清らかな渓流に生息するヤマメやオショロコマ(ミヤベイワナ)、ニジマスなどの川魚を、大雪山から流れ出る伏流水で養殖しているのが鹿追やまべ園です。ミネラルを豊富に含んだ湧水で育てた魚は、川魚独特のクセがなく上品な味わいで、天然物より美味しいという声も聞かれるほど。食事はもちろん、釣り堀での魚釣りと食事をセットにしたお得なプランもありますから、自分で釣った新鮮な「やまべ」などを塩焼きやフライなどで味わってみるのも楽しいですよ。

  • どこまでも広がる雪の十勝の空を、
    風にまかせた熱気球でのんびりフライト。

    鹿追町 熱気球フリーフライト

    地平線が丸く見えるほど広大な十勝平野を、熱気球でのんびりと旅する……そんな夢のような時間を過ごしてみませんか? 鹿追町の「有限会社ほっとえあ」が提供しているのは、ロープに繋がれた係留フライトとは違い、風に乗って大空を移動するフリーフライト。25年以上のキャリアと2000回以上の機長飛行経験を持つ日本屈指のパイロットが、安全を第一に考えてその日のベストなフライトプランを決定します。冬は一面の大雪原になる十勝の空を、風まかせで自由に飛ぶツアーに出発しましょう!

  • 農業のかたわら独自の技法で描き続けた絵。
    大地に生きた画家の魂に触れてみましょう。

    鹿追町 神田日勝記念美術館

    少年時代に鹿追町に入植し、1970年に32歳の若さで急逝するまで農業を営みながら創作活動を続けた画家・神田日勝の作品を展示する美術館。キャンバスに絵筆ではなく、ベニヤ板にペインティングナイフを使って描くという独自のスタイルで、十勝の生活に根ざした重厚な作品から色彩豊かな抽象画までさまざまな絵を描きました。日勝の作品で特に有名な「馬(絶筆・未完)」を見ると、顔の部分から順番に仕上げる制作過程がわかります。彼が生きた鹿追の地で実際の作品に触れてみると、感動もひとしおです。