温泉と、景観と、冬まつりと、体験型観光と。
いましか楽しめないプチ旅行プランをご紹介。

3
4
温泉×体験型観光 ほっと楽しい北海道

温泉とラーメンと
動物園、
旭川エリアはいまこそ旅の旬。

「しばれる」という言葉通りの厳しい寒さもゆるみだす頃。
旭川と層雲峡エリアをゆっくり楽しむならいまがおすすめです。

  • 北海道の自然に囲まれた老舗の窯元で、
    じっくりと器づくりに取り組むひととき。

    旭川市 陶芸体験

    旭川の市街地を見下ろすアートスポット「北の嵐山」エリアで最も古い窯元「大雪窯」。落ち着いた雰囲気のギャラリーには、雪深い冬を連想させる結晶釉の器が多彩に並び、道北の大自然と風景を楽しみながら作品にふれることができます。陶芸の一日体験も行っており、手びねり造形や電動ロクロ造形などが気軽に体験できます。なごやかな雰囲気の中、先生が丁寧にサポートやアドバイスをしてくれるので初心者も安心。湯呑やコーヒーカップ、菓子器など、自分でつくったオリジナルの器は、大切なひとへのプレゼントにもぴったりです。

  • 想像を超えたスケールの氷像が立ち並ぶ、
    厳しい寒さがつくりだした幻想的な芸術。

    上川町 層雲峡温泉氷瀑まつり

    1976年から続く、道北エリアの冬を代表する一大イベント「層雲峡温泉氷瀑まつり」は、極寒と自然がつくりだした氷と光の祭典。スケールの大きい氷像が石狩川沿いに立ち並び、七色に光るライトアップとのコラボレーションによって幻想的な世界を演出します。「氷瀑」とは、滝から流れる水が凍った様子のこと。氷をテーマにした冬のイベントは道内各地で開催されますが、峡谷をステージにしたイベントは層雲峡温泉だからこそ。3月中旬までの開催期間中には花火も打ち上げられ、冬の夜空を美しく彩ります。あたたかい格好で楽しんでください。

  • 豚骨と魚介のWスープがスタンダード。
    北海道三大ラーメンに数えられる旭川名物。

    旭川市 旭川ラーメン

    まだまだ寒いこの時期の旭川、体をあたためてくれるのがラーメンです。札幌の味噌ラーメン、函館の塩ラーメンと並ぶ「北海道三大ラーメン」に数えられる旭川の醤油ラーメンは、豚骨と魚介類のWスープが主流。その昔、養豚業が盛んだった旭川で、豚の骨を有効活用するために豚骨スープが考え出され、煮干や昆布などと合わせて完成させたと言われています。スープの表面をラードがフタをしているので、最後までアツアツで食べることができるのも魅力。地元の人に愛され続ける老舗から、一風変わったニューウェーブまで、数多くの専門店が味を競っています。

  • 冬季営業の一番人気はペンギンたちのお散歩。
    動物たち本来のいきいきした姿を見においで。

    旭川市 旭川市 旭山動物園

    2017年夏、開園50周年を迎えた旭山動物園。動物たち本来の姿を見せる「行動展示」を目当てに、国内外から年間150万人が訪れます。手づくり看板や飼育員による解説など「動物の素晴らしさをちゃんと伝える」という一貫したポリシーが人気の秘密。冬季営業で人気を集めている「ペンギンの散歩」は、雪が降り積もる12月中旬頃から実施される予定。キングペンギンの羽が生え変わり始めることから、例年3月以降は午前中1回のみですが、ペンギンの状態や積雪状況などによって1日2回実施されることも。今年度の冬季営業は4月8日までなので、見たい方はお早めに!

  • 北海道産小麦の風味を活かしたかりんとう。
    変わり種もある豊富なラインナップも魅力。

    旭川市 北かり

    北海道の厳選素材を使ったかりんとうをつくり続ける「北かり」。北海道産小麦の代表品種「ハルユタカ」を使用した看板商品「春ゆたか」をはじめ、「牛乳」「やさい」などの甘いかりんとうから、「黒こしょう」や「生しょうゆ」などビールのつまみになるもの、季節限定品など、常時20種類以上のかりんとうを製造しています。熟練の職人が絶妙な揚げ時間でサクサクの食感と小麦の風味を活かしつつ、素材の味を損なわないよう丁寧に仕上げたものばかり。プレゼントする相手の顔を思い浮かべながらのお土産選びが楽しめそうです。

  • 道北エリアを代表する温泉郷で、
    ダイナミックな峡谷に抱かれる湯浴み。

    上川町 層雲峡温泉

    大雪山連峰の北東部、切り立った大渓谷の中にある層雲峡温泉。ダイナミックな峡谷に沿って13軒のホテルや旅館が立ち並ぶ、道北エリアを代表する温泉地です。層雲峡温泉奥の紅葉台入口に湧く源泉は無色透明の単純泉で、リウマチ、糖尿病、高血圧などに効能があり、肌への刺激が少ないことから幅広い年代に愛されています。もともとは、石狩川沿いを通ってヒグマなどを追っていたアイヌの人々に知られていたと言われ、幕末の1857年に、和人として初めて大雪山系を探検した松田市太郎や松浦武四郎らによって発見されたという歴史のある温泉です。