空気がクリアに澄みわたる季節、
いまこそ行きたいプチ旅行のご案内。

3
4
バラエティ豊かな
魅力を満喫
ドラマティック北海道

早春の洞爺湖畔を歩いて、
ジオの目覚めを感じよう。

ユネスコの「世界ジオパーク」にも認定された、
雄大で恵まれた環境を楽しむ早春の旅へ。

  • 美しい自然景観と豊富な湯量を誇る、
    北海道でも指折りの温泉リゾート地。

    洞爺湖町 洞爺湖温泉

    2008年のサミット開催地として世界的にもその名を知られるようになった洞爺湖は、北海道でも有数のリゾート地。湖の南側は、多くのホテル・旅館が軒を連ねる一大温泉街になっています。洞爺湖温泉の魅力は、美しい自然景観と豊富な湯量。客室や露天風呂などから洞爺湖の絶景を眺められる宿も多く、たっぷりとしたお湯は、ナトリウム、カルシウム、塩化物、硫酸塩などの泉質が堪能できます。温泉街には無料の足湯が2ヵ所あるので、湖畔を散策しながら足湯でリフレッシュ、なんて楽しみ方も。

  • 新鮮ミルクのジェラートはおいしい。
    自分で手作りすると、もっとおいしい。

    洞爺湖町 レークヒル・ファーム

    洞爺湖を真下に眺め、羊蹄山を望む高台にある「レークヒル・ファーム」は、牧場直営のジェラートショップ。牧場の搾りたてミルクをそのままジェラートやチーズに加工しています。店頭には、ナチュラルな味わいにこだわった甘さ控えめのジェラートが20種類並んでいますが、せっかくならジェラートを作ってみましょう。新鮮な牛乳を使い、冷やしながらかき混ぜてつくるジェラートと、その場で焼きあげるワッフルコーンを一緒に味わうことができます。自分で作ったジェラートは、一味違いますよ!

  • 地元の素材を使った洞爺湖温泉の名物。
    やさしい甘さにほっとするひとときを。

    洞爺湖町 白いおしるこ

    「おしるこ」と言えば小豆色をしているのが定番ですが、洞爺湖温泉街にある「岡田屋」の看板メニューは「白いおしるこ」です。その名のとおり雪のようなおしるこは、洞爺湖特産の大福豆の白餡をベースに、伊達市にある牧場の新鮮な牛乳を加えて作られています。誰にでも好まれるやさしい甘さは、最上級の白双糖を使っているから。そんなミルク風味のおしるこに、ふんわりとした食感の白玉団子が絶妙にマッチ!メディアやSNSでもよく話題になっている洞爺湖名物の和スイーツ、ぜひご賞味あれ。

  • エサをねだるクマたちのキュートな姿に、
    ヒグマのイメージが変わることうけあい。

    壮瞥町 昭和新山熊牧場

    洞爺湖の近くにある「昭和新山」は、地震とともに麦畑が突然盛り上がりはじめ、たった2年ほどで高さ398mまで成長した火山です。その目の前にあるのが「昭和新山熊牧場」。牧場内は「こぐま幼稚園」「若くま牧場」「大牧場」等、合計8つのエリアに分かれ、エゾヒグマが暮らしています。来園したらぜひやってみてほしいのがエサやり。どのエリアもエサを投げ入れることができます。エサ欲しさに直立したり、手を振ったり、覚えた芸を披露したり、サービス精神たっぷりのクマたちが待っています。

  • 洞爺湖のテロワールを感じるご当地ワイン。
    大自然に育まれた美味しさを、ぜひお土産に。

    洞爺湖町 月浦ワイン

    {ワイン好きなら見逃せないのが、洞爺湖のご当地ワイン「月浦ワイン」。良質なブドウが育つための気候、土壌などの条件を満たして選ばれた洞爺湖畔の「月浦地区」に畑をつくることからはじめ、栽培・製造・管理まですべてを一貫して行なっているワイナリーです。国産ワインコンクールで5年連続受賞するほどの本格派で、洞爺湖サミットで各国首脳夫人たちの昼食会に使用されたことでも話題になりました。生産数が少ないレアなワインですから、見かけたら迷わずゲット!をおすすめします。