空気がクリアに澄みわたる季節、
いまこそ行きたいプチ旅行のご案内。

11
12
キラキラ輝く
冬の魔法にかけられて
ロマンティック北海道

クリスマスの夜を彩る灯りが、
こころまで温めてくれる。

寒くなってくる季節にきらめく光があたたかい。クリスマスの函館でほっと一息つきませんか。

  • 北海道三大温泉郷に数えられる名湯は、
    日本一空港に近いアクセス至便な温泉街。

    函館市 湯の川温泉

    函館観光の拠点として賑わう湯の川温泉は、北海道三大温泉郷のひとつに数えられる名湯。「日本一空港に近い温泉街」としても知られ、函館空港からクルマで5分、市電の電停も近いというアクセスの良さで、宿泊はもちろん、街歩きの途中で気軽に日帰り入浴を楽しむこともできます。昔ながらの温泉街の風情が残り、目の前に津軽海峡が広がるロケーションも魅力。温泉街の周辺には、冬になるとニホンザルたちが温泉に入浴する姿を見ることができる函館市熱帯植物園もあり、こちらも人気です。

  • 海の上で光り輝く大きな「幸せのもみの木」。
    美しい函館のクリスマスを演出するイベント。

    函館市 はこだてクリスマスファンタジー

    赤レンガ倉庫が立ち並ぶベイエリアの海上に浮かぶ、電飾を施した高さ約20メートルの巨大ツリー。例年12月1日から25日まで開催される「はこだてクリスマスファンタジー」のシンボル「幸せのもみの木」は、姉妹都市のカナダ・ハリファックス市から毎年贈られるもの。毎日18時前後に点灯式が行われ、花火が打ち上がるほか、会場では様々なステージイベントなども行われます。また、地元の人気店が出店するスープバーで、各店のオリジナルスープを味わうのもお楽しみ!

  • それぞれの個性を生かしたナポリタンで、
    イカの街・函館を盛り上げるご当地グルメ。

    函館市 函館イカナポリタン

    函館市公式観光情報サイト「はこぶら」

    函館を代表する海の幸・イカを使って、幅広い層に好まれるナポリタンに仕上げた「函館イカナポリタン」。新たなご当地グルメで函館を盛り上げようと、2014年に地元の飲食店が立ち上げた「函館イカナポリタンの会」では、オーソドックスなケチャップ風味はもちろん、土鍋で煮込まれたものや、イカスミを使った黒いナポリタンまで、それぞれのお店が個性豊かなナポリタンを提供しています。全店舗制覇すると記念品がもらえるスタンプラリーも実施していますので、ぜひチャレンジしてみては。

  • 砂を吹きつけて加工するサンドブラストは、
    旅の思い出にもプレゼントにもぴったり。

    函館市 サンドブラスト体験

    サンドブラストとは、ガラスの表面に砂を吹きかけて加工する技法のこと。ベイエリアにある「はこだて明治館」の「函館硝子明治館」で、世界にひとつのサンドブラスト作品をつくりましょう。まず数種類のガラス製品から好きなものを選び、自由にデザインしたシールを貼りつけていきます。シールで覆っていない部分のガラスが削れて白くなるので、出来上がりをイメージしながら貼っていくのがポイント。仕上げは専用の機械でスタッフが削りますが、時間に余裕がある場合は自分で削る体験が可能なことも。

  • さきいか+チョコレートが絶妙にマッチ!
    おやつにもお酒のつまみにもオススメです。

    函館市 イカ伯爵の函館さきいかチョコレート

    函館名物の定番珍味「さきいか」の中でも、人気ブランドさきいかの「函館こがね」に厳選チョコレートをコーティングした、函館らしい斬新な一品。「函館こがね」を贅沢に使用し、チョコレートの甘さとさきいかの塩辛さが不思議にマッチングした、後をひく美味しさに仕上げています。2017年の発売と同時に話題となり、食感が楽しい「ザグザグフレークの旅立ち」をはじめ4種類のフレーバーが発売中。懐かしの家庭用ゲームソフトを思い出させるようなパッケージも、ついつい手に取ってみたくなる秘密のようです。