GoodDay北海道 » イベント・祭り » 知床・網走・紋別エリア » オロチョンの火祭り

オロチョンの火祭り

(情報提供元:ぐうたび北海道)

7月27日(土)~7月29日(月)には、道の駅「流氷街道網走」東側駐車場で「第10回あばしり道の駅夕市まつり」も開催予定

オホーツク文化に思いを馳せ、先住民の慰霊と豊穣を祈願

網走市のモヨロ貝塚はオホーツク文化の遺跡といわれており、かつての先住民の慰霊と、地元の豊穣を祈願して「オロチョンの火祭り」が行われる。神と通じ合えるという司祭(シャーマン)が登場し、かがり火を焚きながら先住の北方民族であるモヨロ貝塚人の魂を慰め、郷土の豊かな実りを祈願する。北方民族の衣装で着飾った人々が松明をかかげて炎を囲み、太鼓などのリズムに合わせて踊る様子は、古のオホーツク文化を思い起こさせる幻想的な光景だ。

このスポットに行ってみたい!
と思ったら星をつけて「評価する」をクリック!

所在地 道の駅「流氷街道網走」特設会場(網走市南3条東4丁目5-1)
お問い合わせ 0152-44-5849(網走市観光協会)
開催日 2019年07月29日
アクセス方法 JR網走駅から徒歩で約20分 道央道旭川北ICから国道39号経由、車で約3時間30分
駐車場 あり 無料
URL https://www.abakanko.jp/
この記事が関連付けられているタグ: 女満別空港 アート・歴史・文化に触れる
PAGETOP