GoodDay北海道 » これぞ!HOKKAIDO » 【たとえばこんな、ご当地グルメ】焼き鳥ソウルフード
これぞ!
HOKKAIDO

【たとえばこんな、ご当地グルメ】焼き鳥ソウルフード

北海道には、さまざまな“ご当地グルメ”と呼べる名物料理があります。ラーメンやジンギスカン、海鮮丼などはもっともメジャーなものですが、そのほかにもじつはこんなご当地グルメがあったのか!と、思わず感心してしまう意外なものもあったりします。地域の歴史や文化と結びついたご当地ならではのグルメの中から、今回はちょっとユニークな「焼き鳥」をご紹介しましょう。

室蘭やきとり

“鉄のまち”で愛され続ける「室蘭やきとり」は、豚肉と玉ネギで。

今年は亥年。日本では「亥」、つまり「猪」はイノシシを指しますが、中国ではブタを意味します。なにやら「豚肉」に縁がありそうな予感がしておりましたので、ご当地グルメの焼き鳥として、まずは豚肉を使った焼き鳥として名高い「室蘭やきとり」から見ていきましょう。

 

室蘭やきとりは、豚精肉と玉ネギを串に刺し、甘めのタレと洋がらしで食べるスタイルです。豚なのに、なんで焼き鳥なの?と疑問に思う方のために、【やきとり】を広辞苑で引いてみますと「鳥肉に、たれ・塩などをつけてあぶり焼いたもの。牛・豚などの臓物などを串焼にしたものにもいう」とあります。なるほど!そもそもが鳥肉だけを指すのではないのです。

 

焼き鳥の歴史は非常に古く、平安時代からあるといわれますが、「鶏(にわとり)」を用いた今日のスタイルが普及したのは戦後の高度成長期である1960年代のこと。それまでは、スズメ、ツグミ、キジ、カモなどの野鳥を串焼きにするのが一般的で、明治の文明開化以降は牛・豚などのモツを用いたものも含めて「焼き鳥」と呼ぶようになりました。

室蘭の製鉄所。近年は工場夜景が人気

 

鉄のまち・室蘭の製鉄所に火が灯ったのは、1909年(明治42年)のこと。以来100年以上に渡り室蘭は、鉄、そして工業のまちとして歩み続けています。製鉄所にほど近い輪西(わにし)地区では、1933年(昭和8年)頃から屋台で豚肉の串焼きが売られていたといわれ、労働者の胃袋を満たし疲労回復をもたらす貴重なエネルギー源として好まれていました。

製鉄所の最寄り駅「JR輪西駅」

 

1937年(昭和12年)からの日中戦争の時代、食糧増産のため農家が豚を飼うようになります。同じ年、輪西の屋台主の一人がスズメなど野鳥の串焼きを売り出す「鳥よし」という店を開店。当初から、豚の精肉とモツを使用した串焼きを提供しており、これが「室蘭やきとり」の元祖であるとされています。

1939年(昭和14年)には、軍は豚の皮を軍靴に用いるため、養豚を大いに奨励します。室蘭では豚の皮と肉以外は食べてもよいことになり、モツの串焼きはどんどん広がります。戦後、大量生産に向くブロイラーが導入され、1960年代には鶏を用いた焼き鳥が全国的に普及し、室蘭でも鶏肉の焼き鳥がメニューに加えられるようになりますが、それまでがモツや豚肉の串焼きであったため、いまでも豚精肉が最も人気のメニューとなっているといわれています。

 

「鳥よし」の室蘭やきとり(豚精肉、タン、モツ、ハツ)

 

もうひとつの特徴は玉ネギです。鳥よしでは1951年(昭和26年)頃までは長ネギを使っていたそうですが、その後玉ネギを使うようになります。玉ネギは北海道が産地であり、長ネギより安く手に入りやすく、しかも豚肉との相性も良いため定着していったということ。室蘭やきとりを注文すると、やきとりと一緒に洋がらしが添えられて出てきます。洋がらしを添えるスタイルは、おでんやトンカツに添えられていた洋がらしを焼きとりに付けてみたお客さんがいたのが始まりなど諸説ありますが、甘い秘伝のタレに洋がらしのピリッとした辛さがアクセントになってクセになる旨さです。

 

鳥よし

室蘭市輪西町2-2-8

TEL:0143-44-0120

やきとりの一平本店

道内および東京に数店舗を構える人気店「やきとりの一平本店」も、同じく輪西地区で1950年(昭和25年)に創業。現在は初代から数えて三代目となります。ノスタルジックな店内には個室もあり、カップルや家族連れ、会社帰りなど、さまざまなシーンで利用できます。“日本三大焼き鳥”のひとつである室蘭やきとりを全国にアピールするべく、積極的に情報発信を続けています。

 

やきとりの一平本店

室蘭市中島町1丁目17-3

TEL:0143-44-4420

https://www.e-ippei.com/

 

道南地方「函館の焼き鳥」は、豚肉と長ネギで。

豚肉の焼き鳥は室蘭だけではありません。古くから養豚業が行われていた道南地方でも、焼き鳥といえば豚串が多く食べられていました。また、室蘭に製鉄所があるように、函館には「函館どっく」という造船所があります。そこで働く労働者たちのエネルギー源として好まれていたことも一因といわれます。

ハセガワストア中道店

 

この函館の焼き鳥を一躍有名にしたのは、地元出身のロックバンドGLAYが好んで買っていたというハセガワストアの「やきとり弁当」でしょう。1978年(昭和53年)のある夜半、お客さんから「お弁当ないの?」と尋ねられ、店内で作っていたおにぎりの「ごはん」と「のり」、お酒のつまみにと焼き始めていた「やきとり」を組み合わせてとっさに作ってみたのが始まりとか。室蘭との違いは玉ネギではなく「長ネギ」を用いること。タレが主流で、お好みで紅生姜を付けてくれます。

店内のキッチンで注文してから作ってくれるため、5~10分ほど時間はかかりますが、いつでも焼きたてのアツアツを味わうことができます。また、弁当箱のふちにある溝もポイント。串をのせてフタではさみながらクルクル回すと、抜き取りやすいという便利な機能付き容器でもあるのです。

ハセガワストア

函館市および近郊に13店舗を展開

http://www.hasesuto.co.jp

 

“ヤマの男たち”が愛した「美唄焼き鳥」は、多彩な部位を一本に。

かつて炭鉱のまちとして栄えた美唄は、戦後から1960年代にかけて多くの炭鉱労働者“ヤマの男たち”であふれました。彼らが一日の疲れを癒やし、明日へのエネルギー源として好んだのが、鶏のさまざまなモツ(レバー、ハツ、スナギモ、キンカンなど)とモモ肉、皮、玉ネギを一本の串に刺し、塩・コショウで焼き上げる「美唄焼き鳥」でした。

一本の串にモツと鶏皮、モモ肉が全部刺さっているのが最大の特徴。さまざまな食感と旨味が口の中で広がり、なんとも奥深い味わいです。串元には皮、間に玉ネギ、モツ、最後にはモモ肉を刺すのが、一般的なスタイル。皮は串の動きを留めやすく、鶏のうま味が一番感じられるモモ肉を最初に味わってほしいという心づかいから、この順になったといわれています。

 

このスタイルを最初に作り上げたのは、美唄にあった「三船」という店。1953年(昭和28年)のことと伝えられており、その後市内のいくつかの店に広がり受け継がれ続けてきています。一本の串にさまざまな部位を盛り込むのは、明治の開拓時代に国から支給された鶏を農家が大切に育て、特別な日に一羽まるごと余すところなく食したという風習からとか。美唄焼き鳥の店は下記のホームページでも紹介されていますので、ぜひご参照ください。

 

美唄観光物産協会

http://bibai-kanko.com/machimise3/

 

共通しているのは、働く者たちのモチベーションアップ!

さまざまなご当地焼き鳥を見てきたわけですが、共通しているのは働く者たちの一日の疲れを癒す貴重なエネルギー源だということ。先日も札幌の人気店「串鳥」で、「今日は会社でいろいろあって落ち込んでいたけど、モチベーコンを食べるとモチベーションが上がるね!」と冗談を飛ばし合っている若いサラリーマンを見かけてしまいました。

「串鳥」のモチベーコン

 

地域それぞれに根ざした焼き鳥は、そこで働く者たちの魂(ソウル)を元気づけてくれる活力源。まさに、“ソウルフード”なのです。最近少々お疲れ気味の全国のみなさん、北海道へお越しの際にはぜひとも、栄養満点のご当地焼き鳥をたっぷり味わい、活力と英気を養ってください。明日へのモチベーションが、きっと満ちあふれてくるはずです!

 

このスポットに行ってみたい!
と思ったら星をつけて「評価する」をクリック!

この記事が関連付けられているタグ: 歴史 カルチャー グルメ 函館・函館近郊エリア 札幌近郊エリア 札幌・定山渓エリア グルメ・地酒を楽しむ(ビール・ワイン・日本酒・焼酎)
PAGETOP