GoodDay北海道 » これぞ!HOKKAIDO » 【2019夏】北海道・積丹半島を潜る!(アクセス&アフターダイビング) Part3
これぞ!
HOKKAIDO

【2019夏】北海道・積丹半島を潜る!(アクセス&アフターダイビング) Part3

この夏のダイビングは、北海道・積丹半島を潜る!

観光やグルメのイメージが強い「北海道」だけれど、実はダイビングが熱い! そんな北海道・積丹半島に編集部が初潜入。四季折々、大きく変化する海はどのシーズンも楽しい。そんな北海道の海の魅力を皆さまにお届け♪

協力/公益社団法人北海道観光振興機構、CROSSWAY

記事転載元:『マリンダイビングWeb』

気になるアクセス
関東ダイバーには船もオススメ
あなたは飛行機と船、どちらで行く?

 ✈メリット

日本各地から飛んでおり、新千歳空港までは羽田空港からであれば約1時間半。

 

✈ デメリット

ダイバーはとにかく荷物が多いので、重量制限がコワイ。そして重たい荷物を持って空港内を移動したり、北海道についてからも常に荷物を持ち歩くか、レンタカーを別途借りなければならない。

 

⛴ メリット

マイカーのまま船に乗ることができるので重量制限や荷物の積み下ろしが最小限に抑えられるし、カメラもセッティングした状態で乗せられるからとてもラク。北海道到着後もそのまま移動できるし、観光にもとても役立つ。

 

⛴ デメリット

北海道到着までに時間がかかる。都心から北海道行きのフェリーは茨城県・大洗港から出ているので、そこまでの高速料金やガソリン代がかかる。大洗港までは都心から車で約2時間。

船での移動は、荷物が多くなりがちなダイバーにとって車に乗せたまま移動できるからうれしい

取材班は船を選択! そのワケとは?

まず、取材班はとにかく荷物が多い。ドライスーツに重器材、そして撮影機材ととても電車では運べないような量の荷物を持っていく。また、すぐに取材できるようにカメラはセッティングした状態で持ち込むことが多いので車に積んだまま移動ができるというのは本当にありがたい。そして怖いのが飛行機の手荷物重量超過時の追加料金。これが案外痛い出費。そういった点でも取材班は「船」の一択しかなかった。

飛行機で行くダイビング旅行で気をつけなければならないのが「減圧症」。ダイビング終了後から飛行機搭乗までしっかりと時間を空けないと、飛行機に乗った際の気圧の変化で減圧症になってしまう。その点、船で行けば気圧の変化は起きないので、移動による減圧症の心配はまったくなし。実際、取材班は船に乗る当日(帰る日)も2本も潜った! 最終日までダイビングできるなんて魅力的!

都心→大洗港
都内からは高速道路を利用して2時間ほど。出航の1時間半前には乗船手続きを済ませられるように到着しよう。

苫小牧港→札幌
今回取材班は札幌に滞在。苫小牧港からは「道央自動車道」を使って1時間半前後。ホテルを選ぶ際には駐車場付きのところを選ぶと便利。

 

 

アフターダイブは選びきれないぐらい充実

編集部おすすめグルメ

ダイバーが集まるお店

洋風居酒屋 ビストロ・マリオ

昔、パラオのカープ島でダイビングガイドとして働いていた丸山勉さんが経営されているお店。たくさんのダイバーが訪れるお店で行けば盛り上がること間違いなし!

●住所:札幌市中央区南4条5丁目第4藤井ビル2F

古平 アットホームな雰囲気の中で新鮮な食材を

海鮮居酒屋 一印田中屋

地元の新鮮な食材にこだわった料理を提供されていて、とてもアットホームな雰囲気が漂う。お昼も夜も営業していて豊富なメニューが揃っている。写真はホッケ焼定食

●住所:古平郡古平町新地町57番地

 

美国 ダイビングスポットからすぐ近く!

お食事処 純の店

美国のダイビングスポットからすぐのお店。定食、丼ぶり、オムライスなど豊富なラインナップ。取材班はボリューム満点のザンギ定食を注文!

美国 海鮮もラーメンも!

積丹料理 ふじ鮨(本店)

新鮮な海鮮類はもちろんおいしいのだが、実はラーメンも有名! 広い店内でゆっくりと食事が楽しめる。写真は味噌ラーメン! 海鮮もラーメンもどちらも楽しめちゃう♪

●住所:積丹郡積丹町美国町船澗120-6

ダイビングの後はじっくり観光!

せっかく北海道に行ったなら観光をしない手はない♪ 札幌観光はもちろん、積丹半島の絶景スポット、途中の小樽など本当に盛りだくさん! 

 

****シリーズ記事はこちら****

■【2019夏】北海道・積丹半島を潜る! Part1

■【2019夏】北海道・積丹半島を潜る!(秋~冬の北海道&ダイビングスポット)Part2

記事転載元:『マリンダイビングWeb』https://marinediving.com/

 

マリンダイビング
月刊『マリンダイビング』2019年8月号

月刊『マリンダイビング』2019年8月号

 

8月号の紹介ページ

https://marinediving.com/wp/books/md1908/

このスポットに行ってみたい!
と思ったら星をつけて「評価する」をクリック!

この記事が関連付けられているタグ: 旬(今だけ) 自然・景観 スポーツ アウトドア 小樽・ニセコ近郊エリア 体験・アウトドアを楽しむ 積丹 ダイビング
PAGETOP