GoodDay北海道 » これぞ!HOKKAIDO » 札幌の夏の風物詩!さっぽろ大通ビアガーデン
これぞ!
HOKKAIDO

札幌の夏の風物詩!さっぽろ大通ビアガーデン

札幌の夏の風物詩といえば、大通公園のビアガーデン! 爽やかな青空のもと、緑豊かな公園で飲むビールは格別です! 札幌の夏の風物詩を満喫してみてはいかがですか?

札幌の夏の風物詩!国内最大級のビアガーデン

札幌市民や観光客もたくさん訪れる憩いの場、大通公園。

毎年夏になると、札幌のシンボルでもあるこの公園が約1㎞に渡る巨大ビアガーデンに早変わり!

その席数、なんと約13000席!国内最大級のビアガーデンです。

 

そして、その規模も驚きですが、会場毎に雰囲気や提供する飲食が違い、主要メーカー(サッポロ、アサヒ、キリン、サントリー)のビールや世界各国のビールを堪能できるのも、さっぽろ大通ビアガーデンが人気の秘密です!

 

今年(2019年)は8月14日まで開催中です!

ビールの消費量!中ジョッキ80万杯以上!

国内最大級の規模を誇る大通公園のビアガーデン。

 

仲間たちと、冷えたビールを堪能する姿が、あちこちに。

そんな風景を見て。ふと、気になったことが、、、。

イベント期間中に飲まれるビールってどのくらいの量なんだろう?

 

 

調べてみました!

イベント期間中に飲まれたビールは、400,557リットル(2018年実績)。

中ジョッキ(500cc)で換算すると、なんと801,114杯分だそう!

すごい量!

きっと、おいしいビールと仲間との楽しい時間で、ビールをどんどん飲まさっちゃうんですね(笑)。※

※「~さる」:北海道弁で「~さる」は、自分の意志とは裏腹についつい●●してしまうという意味です。

  飲まさるは、美味しいので自分の意志とは別に、ついつい飲みすぎてしまうという、お酒好きの方に便利な北海道弁です。(笑)

 

ビアガーデンの楽しみ方!

ビアガーデンで知っておくと、嬉しい3つのポイントをご紹介!

 

1  平日のお昼が狙い目!

毎年大勢の人で賑わうビアガーデン。

なかでも、終業後の平日17時頃から夜にかけて特に混雑するので、ゆっくりとビアガーデンを楽しむなら、席に余裕のある平日の昼間がおすすめです!

 

お昼は蒸し暑いのでは?と思うかもしれませんが、そこは、カラッとした気候の北海道。

爽やかな風に吹かれて飲む冷えたビールは格別!

まさに冷涼な気候の北海道の夏の楽しみといえます。

観光客におすすめ!『おもてなしシート』で事前の席予約可能!

夕方以降はもちろん、土日祝は、昼からゆっくりビールを楽しむ人々で賑わうビアガーデン会場。

空いている席を探すのに、時間がかかってしまうことも。

 

そんな時には、観光客専用の予約席『おもてなしシート』を事前予約するのが、おすすめです。

 

観光で来た旅行者の方が席を確保できるよう、2012年に初登場したこのシートは、札幌市内の対象ホテルに宿泊するとお席の予約が可能です。

予約方法など詳しくはhttp://sapporo-natsu.com/seat/をチェック!

ビールの飲み比べを楽しもう!

大手国産ビールから世界のビールまで揃う、このビアガーデン!

ひとつの会場でゆっくりとビールを味わうのも楽しいですが、いろんな種類のビールが堪能できるのもこのビアガーデンならでは。

会場をはしごしてビールの飲み比べを楽しんでみてくださいね。

 

暑い日が続いている北海道。

ビールで乾杯!

このスポットに行ってみたい!
と思ったら星をつけて「評価する」をクリック!

この記事が関連付けられているタグ: 人気 旬(今だけ) グルメ お酒・ドリンク 札幌・定山渓エリア 新千歳空港 イベント ビアガーデン ビール
PAGETOP