GoodDay北海道 » これぞ!HOKKAIDO » 【たとえばこんな、ご当地グルメ】ザンギのはじまり
これぞ!
HOKKAIDO

【たとえばこんな、ご当地グルメ】ザンギのはじまり

ラーメンやジンギスカンと並ぶ北海道民のソウルフードとして、必ず上位に上がるのが「ザンギ」。いわゆる「鶏の唐揚げ」です。一度聞いたら忘れられない強烈な語感を持ち、知らない人にとっては、何かとんでもない料理を想像してしまいます。ザンギという名前はどのように生まれたのか?唐揚げとザンギとはまったく同じものなのか?それとも何か違いがあるのか?今回は、このきわめて個性的な名を持つザンギについて紹介します。

釧路「鳥松」のザンギ

北海道最古の中華料理店「陶陶亭」。そもそものルーツは函館か?

ザンギを語るうえで、まず知っておくべきは「唐揚げ」についてです。「唐」とはその昔の中国のこと。油で揚げる料理自体は奈良時代に遣唐使によって伝えられたとされていますが、中国風の揚げ物を指して「唐揚げ」と呼ぶようになったのは江戸時代初期からです。

 

ただし、揚げられていたのは豆腐や野菜、魚介類がほとんどで、鶏の唐揚げの登場は明治~大正を経て、昭和の初めまで待たなければなりません。なぜなら、当時の鶏肉はたいへんな高級食材であり、めったに食べられるものではなかったからです。

 

中華料理の調理法で油を使ったものは「炒(チャオ)」=油で炒める、「爆(パオ)」=高温の油で一気に火を通す、「炸(ヂァー)」=多めの油で揚げる、の3つに大別されます。炸のうちでも衣を付けて揚げるものを「軟炸(ルワンヂァー)」といい、鶏肉を揚げたものは「軟炸鶏(ルワンヂァーチー)」と呼ばれます。※発音によっては「エンザ-チー」。

 

1932年(昭和7年)、東京銀座の「チキングリル三笠(現・三笠会館)」のメニューにはじめて「唐揚げ」という料理名が登場します。中国の揚げ物(おそらく軟炸鶏)をヒントにしたもので、若鶏の毛羽、ムネ、モモ肉をタレに漬け衣を付けて揚げるという、今日の唐揚げと同じスタイルです。

かつて函館の高砂通りにあった「陶陶亭」

(写真提供:peeps hakodate 株式会社函館百点 刊『月刊はこだて』より転載)

 

 

時をほぼ同じくして1937年(昭和12年)、北海道最古の中華料理専門店として知られる「陶陶亭(とうとうてい)」が函館に開店。ここで“骨なし鶏を唐揚げにした料理”を出していたと伝えられています。料理長の王鴻吉はその後独立し、中華料理店「王さん」を開きます。紅龍、鳳龍、星龍軒、汪さん、光春など、函館の名店といわれた中華料理店を起こしたシェフたちはみな、陶陶亭の王のもとで修行した弟子または孫弟子たちでした。

 

ザンギという名称が北海道で一般的になってからは、これらの店でも鶏の唐揚げ=ザンギとして出していたようですが、かつて陶陶亭で出されていた“骨なし鶏を唐揚げにした料理”が、何という名で出されていたのか。「軟炸鶏」だったのか、「鶏の唐揚げ」だったのか、残念ながらいまとなっては確かめようがありません。

 

陶陶亭は1989年(平成元年)に閉店。王さんも2010年(平成22年)に閉店します。その後、陶陶亭の味を受け継ぐ店のほとんどが閉店となってしまいましたが、かろうじて昨年まで営業していた「光春」では「ヨンザンギ」という名で「骨なし鶏の唐揚げ」が出されていたことが確認されています。ヨンザンギとはおそらく、軟炸鶏(エンザーチー)から転化したものと推測することができます。

「光春」のメニュー。右列ほぼ中央に「ヨンザンギ」とある

かつて「光春」で出されていた「ヨンザンギ」           

(写真提供:NCV制作「街ナカ情報発信!てけてけおじゃマップ」)

https://ojamap.wixsite.com/oja-blog

 

鶏肉の普及とともに一躍メジャーに。ザンギの名は釧路がルーツか?

長年に渡り高級食材だった鶏肉ですが、戦後にブロイラー(食肉用若鶏)が米国から導入されると、誰もが気軽に食べられる日常食へと急速に普及していきます。成長が早い若鶏肉は、それ以前の親鳥のかしわ肉に比べて圧倒的に柔らかく、全国で爆発的な人気を呼びます。今日では国内で生産される鶏肉の97%がブロイラーによるものです。

ザンギ発祥の店、釧路「鳥松」

 

 

その普及拡大期ともいえる1960年(昭和35年)、釧路で開店したばかり焼き鳥店「鳥松」において、ザンギは誕生したといわれます。ちょうどブロイラーの売り込みが盛んだった時期で、鶏一羽をまるごと仕入れたものをブツ切りにし、骨付きのまま唐揚げにして出してみたのが始まりだそうです。

鳥松のザンギ

 

 

さて、最大のポイント「ザンギ」という名前についてです。由来は函館と同様、中国語の「炸鶏(ヂァーチー/ザージー)」にありました。ザージーの真ん中に幸運の「運(ん)」を入れ、「ザー・ン・ジー」となり、散切り肉の語感も重ねるなどして、ザンギと名付けられたと伝えられています。ようするに、“若鶏のザンギリ唐揚げ”といったところでしょうか。

 

鳥松では現在、当時と同じ骨付きのものを「ザンギ」という名で、骨なしの食べやすいものを「骨なしザンギ」という名で出しています。塩味ベースの下味が付けられたザンギは、そのままでもイケますが、特製のタレをつけて食べるのが、元祖ザンギ流のおすすめということ。料理としての唐揚げの発祥はともかく、ザンギの名が釧路で誕生したことは一部で異論があるものの、いまではすっかり定説となっているようです。

 

鳥松

釧路市栄町3-1

TEL:0154-22-9761

 

 

「からあげグランプリ金賞」受賞店で、ザンギ三昧のお店めぐりを!

日本唐揚協会が主催する「からあげグランプリ」で金賞に輝いたお店が、北海道には多数あります。その中の代表的な何店かをご紹介しましょう。

「中国料理 布袋」本店

 

まずは、札幌に系列店4店を構える「中国料理 布袋(ほてい)」です。からあげグランプリ第2回と第4回とで金賞を受賞しています。札幌で“ザンギといえば布袋”と、真っ先に名前があがる人気店。お昼時には開店と同時に近隣の会社員で行列が出来るほど。ゲンコツのような大ぶりなザンギは、衣はカリッ、中はふんわり、肉汁ジュワッとあふれる絶品です。特製のタレに浸けて食べると、いっそう味が引き立ちます。

布袋本店の「ザンギ定食(B)」。このボリュームで麻婆豆腐が付いて930円(税込)!

                

中国料理 布袋 本店

札幌市中央区南1条西9丁目1

TEL:011-272-4050

ホームページ:https://zangihotei.com/

 

 

 

続きましては、北海道、東北、関東に幅広く展開する「焼き鳥ダイニング いただきコッコちゃん」。からあげグランプリ第8回では東日本しょうゆダレ部門で、第10回では塩ダレ部門で金賞を受賞しています。

「焼き鳥ダイニングいただきコッコちゃん」札幌北1条店

 

 

昆布やホタテ、シイタケ、リンゴ果汁など厳選素材を使った秘伝のタレを使った「鶏の唐揚げ」。知床羅臼の海洋深層水から作られるまろやかな塩をベースに、昆布など数種類の旨味をブレンドした「塩ザンギ」。「合盛り」を注文すれば、両方の美味しさを堪能できます。

「鶏の唐揚げ(しょうゆダレ味)と塩ザンギの合盛り」

 

焼き鳥ダイニング いただきコッコちゃん

ホームページ:https://www.eastone.co.jp/cocco/

 

 

 

こちらは、北海道各地に多数の店舗を展開する「炭火居酒屋炎(えん)」。とくに札幌中心部に複数の店を出店しており、「ザンギ定食」などランチメニューが人気です。からあげグランプリ第7回で金賞を受賞しています。

「炭火居酒屋 炎」札幌駅北3条店

 

塩ザンギのために大切に育てられた北海道産若鶏を使用し、11種のスパイスを合わせた特製ダレに48時間じっくり寝かせて熟成させ、天然塩と芦別川源流水を用いた徹底したこだわりぶり。地元客から支持を集め、昼も夜もたいへんな賑わいを見せています。

炎の「塩ザンギ」

 

炭火居酒屋 炎

ホームページ:http://sumibiizakaya-en.com/

 

 

この他にも、下記ホームページには近年におけるグランプリ金賞受賞店が部門ごとに掲載されていますので、ぜひご参照のうえザンギ三昧のお店めぐりをお楽しみください。

 

一般社団法人 日本唐揚協会ホームページ

http://karaage.ne.jp/

ザンギで北海道を元気に!「北海道ザンギ連盟」が目指すもの。

ザンギを通して北海道を元気にしたい。道内・道外はもちろん、海外にまでザンギを広めたい――そんな熱い思いを抱き果敢に取り組み続けている団体があります。2010年(平成22年)に結成された「北海道ザンギ連盟」です。もともとは、ザンギ好きの有志による任意団体でしたが、今年6月には一般社団法人化し、より組織的な活動体制を整備。その目玉事業として「ご当地ザンギプロジェクト」がスタートしました。

一般社団法人化の記者会見より。左端が金井事務局長

 

事務局長の金井英樹さんは語ります。「北海道の各地には素晴らしい食材がたくさんあります。鶏肉だけではなく、さまざまな肉や野菜、海鮮類を使ったオリジナルザンギを開発し、その土地の名物に育て観光コンテンツとして価値を高めていきたい。そのための開発から営業販売までを幅広く支援し、北海道が元気になるストーリーを紡いでいきたいのです」

 

ザンギ連盟には、これまでにもローソンの「からあげクン北海道ザンギ味」の監修や湖池屋の「ポテトチップス北海道ザンギ味(北海道限定品)」の監修など、さまざまな企業とのコラボレーション実績があります。新しく始まったプロジェクトでも、地域や企業との豊富なネットワークを活用し、揚げる素材はもちろん、油や粉、タレなどを工夫した、さまざまなザンギ誕生が期待されています。

 

下記ホームページでも、ザンギに関する最新の話題やイベント情報などが紹介されていますので、ぜひご覧ください。

 

一般社団法人 北海道ザンギ連盟ホームページ

https://ja-jp.facebook.com/douzanren/

 

さまざまな素材を、自由な発想で揚げて楽しむ。

日本唐揚協会の定義によりますと、「唐揚げ(から揚げ、空揚げ)とは、揚げ油を使用した調理方法、またはその調理された料理を指す。食材に小麦粉や片栗粉などを薄くまぶして油で揚げたもの」とされています。広い意味では、素揚げや半身揚げ、天ぷら、竜田揚げ、フライドチキンなども含めて唐揚げとなり、鶏肉だけではなく、小エビ、カレイ、イカゲソ、ゴボウなど、どんな素材を用いるかも自由。全国にはさまざまなご当地唐揚げがあり、ザンギもその一形態とみることができます。

タコザンギ(写真提供:北海道ぎょれん)

 

近年人気を集めているのが、タコを唐揚げにした「タコザンギ」です。新鮮なタコの美味しさが、高温で揚げることでいっそう引き出され、プリッとしたタコのほど良い歯ごたえがたまりません。北海道の居酒屋では新たな定番メニューとして普及が進んでいます。

 

他にも、鮭を一口大の大きさに切って唐揚げにした「鮭ザンギ」、羊肉の新しい味わい方として注目の「ラムザンギ」、さらには高級食材として高い評価を受けたジビエである「エゾ鹿肉」を用いた「鹿肉ザンギ」など、道産食材を用いたさまざまなザンギが、居酒屋やレストランのメニューに続々と登場しつつあるのです。

 

このような鶏肉以外を用いたザンギは、じつは函館に古くからありました。函館の中華料理店では「ザリージ」と呼ばれる豚肉の唐揚げ(または天ぷら)が、戦後すぐの頃から出されていたといわれます。豚のロース肉を中国語で「里脊肉(リージーロウ)」ということから、ザンギの語源とされている「炸鶏(ヂャーチー)」と同様、豚肉の揚げ物=「炸里脊(ヂャーリージー)」から転化したものと推測することができます。

函館「八宝園」の「ザリージ」(豚肉の天ぷら)。(写真提供:peeps hakodate)

 

ザリージを出す店は現在、函館でもほんの数店しか残っていませんが、高盛町の「八宝園」では、「豚肉の天ぷら」の名でいまも提供し続けています。鶏肉を用いた唐揚げ=ザンギが広く普及する以前から、大衆料理として親しまれていたことは特筆すべきことであり、唐揚げワールドの裾野の広さを歴史が教えてくれています。

 

八芳園

函館市高盛町25-1

TEL:0138-31-1771

 

 

昭和初期に東京銀座で生まれた鶏の唐揚げが、ほぼ同時期に函館の中華料理店でも登場し、やがて“ザンギ”の名で北海道中で愛されるソウルフードとして広まっていく。ザンギとは、もともとは鶏の唐揚げを意味する「炸鶏(ヂャーチー)」に由来する料理名でしたが、現在では北海道におけるさまざまな“ご当地唐揚げ”の総称であるといってもよいでしょう。そのときどきの旬の食材や地域の特産品を、より美味しく味わうための調理法といえます。この冬、北海道を訪れたなら、ぜひとも各地で自慢のご当地ザンギをご満喫ください!

 

 

このスポットに行ってみたい!
と思ったら星をつけて「評価する」をクリック!

この記事が関連付けられているタグ: おもしろネタ 人気 カルチャー ショッピング グルメ 釧路・阿寒湖・摩周湖・根室エリア 函館・函館近郊エリア 札幌近郊エリア アート・歴史・文化に触れる グルメ・地酒を楽しむ(ビール・ワイン・日本酒・焼酎)
PAGETOP