GoodDay北海道 » これぞ!HOKKAIDO » 祝 世界文化遺産登録!「北海道・北東北の縄文遺跡群」北の縄文文化を巡る【前編】
これぞ!
HOKKAIDO

祝 世界文化遺産登録!「北海道・北東北の縄文遺跡群」北の縄文文化を巡る【前編】

2021年7月27日、世界文化遺産への登録が決定した「北海道・北東北の縄文遺跡群」。 世界遺産としては、自然遺産の「知床」に次いで2番目、文化遺産としては初めての登録になります。今回、世界文化遺産の構成資産となった縄文遺跡のうち道内にある遺跡は、全部で6カ所。土器や土偶などの出土品の展示やボランティアガイド等による案内も行っています。 次の北海道旅行では、自然と上手に共存し、狩猟・漁労・採集を発達させていった過程を示す縄文遺跡群をめぐる世界遺産の旅はいかがですか。

※新型コロナウイルス感染症の状況により、遺跡・施設の開館日時や体験メニューに変更が生じる可能性があります。お出かけの際は、最新情報をご確認の上、マスク着用や手指消毒など、感染症対策へのご協力をお願いいたします。

縄文文化って?

出典:JOMON ARCHIVES(大船遺跡 土器)

約1万5千年前から1万年以上続いた縄文時代。

人々が、農耕や牧畜ではなく、狩猟、採集、漁労を基盤にして定住生活を続けたこの文化は、世界的にも非常に珍しいといえます。

また、様々な縄目の文様が施された土器、動物の骨や黒曜石を加工した道具のほか、粘土やヒスイなどで作られた美しい装飾が出土しており、当時の人々の技術や精神性をうかがわせます。

「北海道・北東北の縄文遺跡群」とは?

「北海道・北東北の縄文遺跡群」は、北海道と青森県・岩手県・秋田県の北東北3県に点在する17の縄文遺跡で構成されています。

北海道には 沿岸部に遺跡が所在する函館市、伊達市、洞爺湖町の他、内陸部に位置し、北海道ならではのお墓の形状が見られる千歳市の4市町に6カ所の遺跡があります。

1 大船遺跡(函館市)

出典:JOMON ARCHIVES(大船遺跡 全景)

縄文中期(約5500~4000年前)の竪穴建物の跡を見ることができる「大船遺跡」は、太平洋を見おろす丘の上にあります。大船遺跡の特長は、竪穴住居の規模が非常に大きく、深さ2mを超える竪穴住居や貯蔵庫などがあり、そして密集していることです。

現在は、これら竪穴建物跡や盛土遺構を復元した「縄文のにわ」、植樹活動で当時の環境の再現を目指す「縄文の森」のほか体験学習広場が整備され、毎日定時に説明員による解説が実施されるほか、解説時間以外でも自由に見学できます。

 

詳しいスポット情報はこちら→https://www.visit-hokkaido.jp/spot/detail/637

2 垣ノ島遺跡(函館市)

出典:JOMON ARCHIVES(垣ノ島遺跡 大型土坑墓)

縄文時代早期から後期(約9,000年前から約3,500年前)の縄文人の生活を示す遺跡です。国内最大級の盛土遺構(祭りの場)も見つかっており、大船遺跡同様に東日本の縄文文化を代表する重要な遺跡となっています。  

周辺には、海岸線を北上すると大船遺跡(垣ノ島遺跡から車で約10分)もあり、2つの遺跡をあわせて巡ることが可能。縄文文化を学ぶにはうってつけのエリアです。

 

函館市臼尻町

詳しいスポット情報はこちら→https://www.visit-hokkaido.jp/spot/detail/2159

北海道唯一の国宝「中空土偶」も必見! 

また、函館を訪れたら垣ノ島遺跡に隣接する「函館市縄文文化交流センター」も忘れてはいけない縄文スポットです。

 

道の駅「縄文ロマン 南かやべ」を併設している「函館市縄文文化交流センター」では、北海道で唯一の国宝「中空土偶(愛称 カックウ)」をはじめ、南茅部地区の縄文遺跡群を中心に、函館市の縄文遺跡から出土した様々な土器や石器などの遺物を多数展示しています。その穏やかな表情、美しいボディライン、巧みな幾何学模様などから、人気を集めるカックウは縄文文化をめぐる旅では必見のスポットです!

また、勾玉ペンダントや組みひもアクセサリーづくり を体験できるメニューがあり、大人も子どもも楽しめる施設です。

道の駅のクルミ味の縄文ソフトクリームや土偶クッキーもオススメ。

詳しいスポット情報はこちら→https://www.visit-hokkaido.jp/spot/detail/652

■ここもオススメ!関連資産「鷲ノ木遺跡」(森町)

鷲ノ木遺跡の環状列石は、縄文時代後期前半(およそ4000年前)に造られ、北海道縦貫自動車道建設に係る発掘調査において、発見された道内最大級のストーンサークルです。

世界文化遺産の構成資産と一体で活用する関連資産でもある鷲ノ木遺跡は、大船遺跡や垣ノ島遺跡から車で約1時間の距離にあります。遺跡は現在非公開ですが、ガイダンス施設である森町遺跡発掘調査事務所では、出土品等を見学できます。

森町鷲ノ木町

 

祝 世界文化遺産登録!「北海道・北東北の縄文遺跡群」北の縄文文化を巡る。【後編】へつづく。(クリック)

このスポットに行ってみたい!
と思ったら星をつけて「評価する」をクリック!

この記事が関連付けられているタグ: 歴史 縄文文化 世界遺産 世界文化遺産
PAGETOP