facebook
GoodDay北海道 » これぞ!HOKKAIDO » 大自然が創り出す神秘。北海道の新絶景!“ジュエリーアイス”
これぞ!
HOKKAIDO

大自然が創り出す神秘。北海道の新絶景!“ジュエリーアイス”

そこは北海道十勝にある豊頃町大津海岸。この場所でしか見ることができない新絶景の名前は“ジュエリーアイス”。

北海道の冬の新絶景、ジュエリーアイス

自然が豊かで思わず言葉を失う景色が多い北海道には、まだ知られていない「絶景」があります。

そこは北海道十勝にある豊頃町大津海岸。この場所でしか見ることができない新絶景の名前は“ジュエリーアイス”。

そのジュエリーアイスとは、太平洋に流れ出た十勝川の氷が、海岸に打ち上げられたもの。

 

そう、氷なのです。

 

海で氷、といえば流氷を思う方もいるかもしれませんが、ジュエリーアイスはまた違います。

 

その決定的な違いは”色”。

 

ジュエリーアイスはその透明さが特長であり、その透明さにより、太陽の光を受け美しく光り輝くその姿はまさにジュエリーです。

厳しい寒さの中にある美しさ

ジュエリーアイスを見ることができるのは、1年のうち、1月中旬~2月下旬ころまでのごく短い期間。

時間の経過とともに表情を変える“ジュエリーアイス”は太陽の光によって大きく変化します。

その変化をもっとも感じられるのは、朝日を受ける日の出の時間。

日の出とともに月明りで青く佇んでいた氷塊が少しずつ紫色から朱色、橙色に染まり、神秘的な光景が一面に広がっていくその時間は、素敵な世界の始まり。

太陽が昇りきると、そこには、海岸に沢山のダイアモンドを散りばめたような絶景が。

誰もが思わず息をのむようなその美しい光景は、絶好の撮影スポットです。

写真好きの方はもちろん、インスタ好きならぜひ押さえておきたい絶景です。

せっかくなのでジュエリーアイスを見に来たら、自然が生み出す絶景とともに自分だけのアートにも挑戦してみては。

流れ着いた氷を積み重ねたり手に持ったりして、カメラに唯一無二の自分だけのジュエリーアイスを収めてみよう。

 

防寒はしっかりと!!

広がる絶景に、思わず時間を忘れてしまいそうですが、この期間の気温は-20°を下回ることもあるほど寒いのです。

そのため、ジュエリーアイスを見に行くときは、しっかりと防寒対策することが必要不可欠。

インナーで重ね着するほか、アウターも厚手のものを選びましょう。冷えやすい足先を守るためにも、靴下を重ね履きしたり、ニット地のものを選ぶなどが必要です。

また、寒さに凍えるのは人体だけではありません。極度の低温や急激な温度変化は、スマートフォンにも影響し、バッテリーが急に減ったり、結露が発生したり。バッテリーの保温もお忘れなく。

タクシープランやガイドツアーの利用も便利です

大津海岸は、十勝の中心帯広市から、車で70分程度。

ジュエリーアイスを見るためには、自動車での移動が必須。

冬道の運転は少し心配・・・。という方もタクシープラン(旅の便利屋 TEL 0155-67-8855)や、ガイドツアーもあるので安心です。

厳冬の北海道十勝の大自然が造り出したここでしか見られない景色をぜひご堪能ください。

☆ガイドツアー

サムライプロデュース https://www.samuraiproduce.com/

☆タクシープラン   http://www.tabinobenriya.co.jp/

この記事が関連付けられているタグ: 旬(今だけ) ここだけ 自然・景観 十勝・帯広エリア
PAGETOP
Copyright 2015
公益社団法人 北海道観光振興機構