カヌーで支笏湖ブルーに染まる

日本屈指の透明度から生まれる、初めての体験、驚きの時間。

北海道の玄関口「新千歳空港」から車で40分。まるで空を飛んでいるよう、と言われる支笏湖のカヌー。その理由は、10年連続水質日本一を誇るバツグンの透明度。支笏湖ブルーと賞される澄み切った湖面を進むと、天気が良い日には影が湖底に映り込んでカヌーが浮いている様に見えるほどの透明度を体感。ゆらゆらと揺れる水草、静寂の時間、湖をぐるりと囲む濃い緑。初めて味わう体験がそこにあります。安定感のあるカナディアンカヌーや船底が透けて見えるクリアカヤックなど、ファミリーでも気軽に体験が可能。支笏湖のカヌーで、癒しの時間を過ごしてみませんか。

所在地
066-0281 北海道千歳市支笏湖温泉
お問い合わせ
千歳観光連盟

畑ガイドと農場でピクニック

十勝の広大な畑を散歩して、とれたて野菜を「いただきます!」

地平線まで見渡せる広大な畑。農業王国・十勝には、普段は入ることができない「農家の本物の畑」を案内してくれる畑ガイドがいます。5〜6月は菜の花畑、6月下旬は青い小麦畑、7〜8月はじゃがいもやトウキビ畑、10月は長芋畑と、季節によって案内する畑も異なります。知識と経験が豊富なガイドたちと畑の中で楽しい時間を過ごしながら、農家の情熱や志を感じてみてください。散歩の後はお楽しみの試食タイム。自分で収穫した畑の作物、心を込めていただきましょう。

所在地
080-0022 北海道帯広市西12条南29丁目2-5(いただきますカンパニー)
お問い合わせ
いただきますカンパニー

馬と一緒の小さな大冒険に出発!

馬を相棒にして北海道の大自然を全身で味わう。

森林や湖畔、海岸線などで乗馬を楽しむホーストレッキングならやっぱり北海道。馬の背に揺られながら眺める雄大な風景は、開放感が違います。自然豊かな北海道には、西部開拓時代のようなウエスタンスタイルがぴったり。競走馬の産地として知られる日高をはじめ、札幌やニセコなど、全道各地に乗馬が楽しめるスポットがあり、場外に出る前にしっかり乗馬の基礎レッスンを受けるので、初心者でも安心。馬と一体になって進むうちに、いつしか自分も大自然の一部になったような不思議な感覚になれますよ。

お問い合わせ
旅して体験北海道

360度のパノラマを空から眺める

熱気球に乗って実感しよう!どこまでも広がる北海道の風景。

北海道の果てしない大空と広い大地の魅力を存分に味わうなら、熱気球での空中散歩がおすすめ。富良野や十勝川温泉で、熱気球の係留フライトを楽しむことができます。体験可能なのは、風のおだやかな早朝。地面と気球をロープでつないで、一気に上昇。晴れた日には、富良野では、大雪山・十勝岳連峰・富良野市内を一望する360度大パノラマが。十勝川温泉では十勝平野、大雪山系、日高山脈などの大パノラマを眺めながら、朝のすがすがしい空気を胸いっぱいに味わえます。数分間の空中散歩。その感動はプライスレス。いつまでも心に残る旅の思い出になること間違いありません。

お問い合わせ
ふらの観光協会
お問い合わせ
十勝川温泉観光協会

ローカル線の旅をのんびり楽しむ

車窓に広がる景色をたっぷり満喫!各駅停車のスローな旅へ。

人気テレビ番組の気分でローカル線旅で北海道内を旅するのも楽しいもの。稚内駅と旭川駅を結ぶ「宗谷本線」は、牧草ロールが転がる田園風景や広大なサロベツ原野が見もの。東釧路駅から網走駅へと走る「釧網本線」では、手つかずの自然が残る釧路湿原がすぐそこに。そして、釧路駅から根室駅を結ぶ、通称「花咲線」は、丘陵地帯・湿原・海岸線など、移り変わる風景を車窓から楽しめます。また、人気を集めている「秘境駅」もローカル線の魅力の一つ。ゆっくりと走るローカル線だからこそ、特急列車では見えない景色に出合えますよ。

雄大な自然に囲まれてキャンプ

静かな湖畔の森の中、木々を揺らす風と鳥の声で目を覚ます。

ホテルや温泉宿もいいけれど、北海道の雄大な自然に包まれて眠る……そんなキャンプができたら最高だと思いませんか?北海道のあちこちにあるキャンプ場の中でも、近年人気が高まっているのがグランピング。新感覚で気軽に贅沢なキャンプや大自然を体験したり楽しんだりするアウトドアスタイル。すでにテントが出来上がっているので、キャンプは初めてという方にも安心です。北海道の自然を愛する旅の上級者は、星空の下でのキャンプや湖畔のキャンプ場はいかが。360度ひろがる満点の星空や、湖のほとりで迎える朝のさわやかさは、一度味わったらやみつきになること間違いなし。充実した設備でワイルドかつ快適なキャンプが楽しめる「星に手のとどく丘キャンプ場(中富良野町)」「朱鞠内湖畔キャンプ場(幌加内町)」や、周りを原生林に囲まれた自然環境がバツグンの「国設然別湖北岸野営場(鹿追町)」など、本格派も満足の本物のフィールドがここ北海道にはあります。