とことん海の幸を食べつくす

カニ、イカ、カキ、ホタテ、トキシラズ……全部食べたい!

日本が誇る「食の王国」北海道。北海道への旅行なら、グルメは絶対に外せないお楽しみです。旅行の目的が海の幸という人も多いと思いますが、中でも人気なのがタラバガニや毛ガニ。身が締まってぷりぷりとした北海道のカニは、一度食べたらトリコになってしまうほどの美味しさです。カキやホタテ、ホッキなどの貝類は、炭火で網焼きにすると絶品!また、北海道といえばの鮭は秋が旬ですが、時期はずれの5月から8月に獲れる「トキシラズ」は、たっぷりと脂がのった希少品。居酒屋や食堂のメニューで見かけたら迷わず注文を。どれを食べても大満足の海の幸、いろいろオーダーして、あれこれ食べて幸せな気分にひたりましょう。

多彩なジンギスカンを食べ比べる

後づけか味つけか、ラムかマトンか、迷うのもお楽しみ。

北海道を代表するグルメといえばジンギスカン。ひと口にジンギスカンといっても、肉の種類や味付けの仕方、食べ方など、多彩なスタイルがあるのをご存じですか?食べ方としては、羊肉を焼いてからタレをつける「後づけ」タイプと、先にタレに漬け込んで焼く「味つけ」タイプがあり、肉は、生後1年未満のラムと、2年以上のマトンの2種類に大別されます。近年では、独特のクセが少なく食べやすい生ラム・生マトンが主流ですが、長年ジンギスカンを食べてきた道民には、円筒状に冷凍したラムやマトンを薄切りにした「ロール肉」も根強い人気。いくつかのお店やメニューを食べ比べて、自分の味覚にピッタリのジンギスカンを探してみて。

酪農王国のナチュラルチーズを堪能

あなたのチーズの概念を変えてしまうかもしれない逸品を探しに。

酪農王国・北海道。北海道のチーズがおいしいその理由は、豊かな大地でのびのび育つ乳牛から搾られるミルクにあります。道内にチーズを作る工房やメーカーが110か所以上も点在。ニセコの山々を望む雄大な景観のもと、まるで宝石のように美しいドライフルーツをまぶした「雪花(せっか)」をはじめとしたチーズを作る「ニセコチーズ工房」(ニセコ町)や、100年前の製法でのチーズ作りに取り組む「さらべつチーズ工房」(更別町)、放牧牛のミルクのおいしさに魅せられて夫婦で根室に移住し始めた「チーズ工房 チカプ」(根室市)、牧場で約150頭のヤギを飼育し、そのミルクからチーズを作る「チーズ工房 ノチユ」(清水町)など、110か所以上の“作り手”が豊かな水と新鮮なミルクを使ってこだわりの美味しいチーズをつくっています。個性あふれるチーズ工房をめぐってあなたのチーズの概念を変えてしまうかもしれない逸品を探してみませんか。

ソムリエ気分でワイナリーを訪ねる

絵になるワイナリーぞろい。美味しいワインは空知にあり。

国内有数のワイン用ぶどう生産地の北海道。ワイン特区に認定されている余市町をはじめ、富良野市や池田町など各地でワインづくりが盛んですが、中でも個性的なワイナリーが増えているのが、北海道の玄関口、新千歳空港からも近い岩見沢を中心とした空知エリア。全国のワイナリーを表彰する「日本ワイナリーアワード2018」では、4つ星に選ばれた山崎ワイナリー(三笠市)をはじめ、ナカザワヴィンヤード(岩見沢市)など。空知の6箇所のワイナリーが入賞するなど、評価も高まっています。広いぶどう畑の中にたたずむワイナリーを訪ねて、お気に入りの1本を見つけてみませんか。また、空知のワインを豊富に取り揃えた「空知ワインステーション」も要チェック!

所在地
068-0004 北海道岩見沢市4条東1丁目6-1(空知ワインステーション)
営業時間
11:00〜22:00(ショップは日祝〜17:00)
定休日
バータイムのみ日祝休み/ショップは無休
お問い合わせ

地元に愛される日本酒で乾杯!

風土が育んだ米と水、造り手の想いから生まれる至極の一杯。

豊かな北海道の大地、そして清らかな水と空気は、食だけでなく、おいしい日本酒も育みます。「吟風」「彗星」などの北海道産酒造好適米が登場して以来、北海道産の日本酒は、さらなる飛躍をしています。最北の酒蔵として知られる國稀酒造(増毛町)や、江戸時代から続く男山の本家を伝承する男山(旭川市)、道産米にこだわり、地域に根ざした酒造りを目指す小林酒造(栗山町)、奈良県の十津川村からの移住者がはじめた金滴酒造(新十津川町)、毎年1月に販売するとすぐに完売してしまい幻の酒と言われている北の勝「搾りたて」で有名な碓氷勝三郎商店(根室市)など、それぞれの歴史を持つ地酒は通もうなる逸品ぞろい。新鮮な山海の幸を肴に、北海道でしか味わえない酒に酔う……これぞ北海道旅行の醍醐味です。

詳細情報
北海道酒造組合

札幌の甘い夜はパフェで締める

札幌発の新しい食文化!噂の「シメパフェ」はいかが?

札幌では、飲んだ後は「シメのラーメン」ではなく、新鮮な牛乳からできたソフトクリームや旬のフルーツなどを使った「シメのパフェ」を食べるのが新定番。すすきのを中心に、市内には美味しいパフェを提供するお店が増えていて、夕方からオープンするシメパフェ専門店も。なかには深夜にも関わらず行列ができるほどの人気店もあるほど。味はもちろん、盛りつけにもこだわったフォトジェニックなシメパフェが多いことも、インスタ好きにはうれしいポイント。楽しすぎる札幌の夜ですから、ダイエットのことはちょっと忘れて、「札幌シメパフェ」の甘〜い誘惑に身をゆだねてみませんか。

詳細情報
札幌シメパフェ