ウポポイ初開催!!「バリアフリー対応ノウハウ習得研修」について

  • check
  • お知らせ

公益社団法人北海道観光振興機構は、北海道のバリアフリー観光(高齢者・障がい者等への観光)におけるサービスの充実や向上のため、観光関連事業者・自治体等を対象に、観光施設等におけるハード面および、サービスのノウハウや情報発信の充実などのソフト面を一体的に推進する事を目的に、これらのノウハウを習得するための研修会を開催します。
また、北海道では「心のバリアフリー」の普及・促進を目指しており、観光庁「観光施設における心のバリアフリー認定制度」に対応した形で研修を実施し、認定マークの取得をサポートします。

■開催内容(ウポポイ・白老エリア)
 「観光介助士」初級講座
 日時:12月5日(月)13:00~16:00
 会場:ウポポイ(民族共生象徴空間)
 ※詳細はホームページをご確認ください(https://www.juta.jp/?p=1378
 資格:観光介助士「初級」の資格が取得できます。(道内で延べ1,000名が受講!!)
 観光庁「心のバリアフリー認定」の教育訓練にも対応しています!
 (*観光介助士は(一社)日本UD観光協会が認定する資格制度です。)

ウポポイで実施される研修として、バリアフリー観光に関する研修は初の開催となります。
今回は障害当事者講師に、千歳視覚障害者福祉協会 会⾧、日本盲人会連合女性協議会 全国委員、北海道視覚障害者福祉連合会 副会⾧、女性協議会 会⾧などを歴任されている菊池悦子氏を招聘します。
当事者及びUD(ユニバーサルデザイン)のプロフェッショナルの視点で、北海道を代表する施設であるウポポイがより障害者にやさしい施設になるように研修を実施します。


詳細につきましては、下記ニュースリリースをご覧ください。 

関連資料

ページトップへ