GoodDay北海道 » 観光スポット » 松前・江差・奥尻エリア » 奥尻島津波館(資料館)

松前・江差・奥尻エリア奥尻島津波館(資料館)

(情報提供元:ぐうたび北海道)

震災から8年後、2001年にオープンした「奥尻島津波館」

災害の記憶と教訓を伝える鎮魂の施設。隠れた島の魅力もチェック!

1993年7月12日に発生した北海道南西沖地震。震源地に近い奥尻島は、直後の大津波により壊滅的な被害を受けました。ここ「奥尻島津波館」は、災害の記憶と教訓、全国から寄せられた復興支援への感謝を伝える施設です。展示スペースは7つのテーマに別れ、災害翌日の写真や子どもたちの詩・作文、198名の被害者を悼むモニュメントなどが展示されています。地階の映像ホールでは、災害から復興までの姿を映し出した作品を公開しています。

  • 災害で亡くなられた被害者198名を悼むモニュメント「198のひかり」。大小さまざまな作品の前で、心静かにご冥福を祈って
  • 災害の記憶だけでなく、島の遺跡から発掘されたヒスイの丁字頭勾玉など遺物も展示。知られざる島の魅力もチェック

このスポットに行ってみたい!
と思ったら星をつけて「評価する」をクリック!

MYプランニング北海道

  • 北海道を予約しよう! 北海道を予約しよう!
  • 北海道を食べよう! 北海道を食べよう!
  • 北海道を旅しよう! 北海道を旅しよう!
所在地 奥尻町青苗36
お問い合わせ 01397-3-1811
定休日・営業時間 ■営業時間 2021年4月末~10月末 9:00~17:00 ■定休日 月曜(7~8月、月曜の祝日は除く)
料金 大人520円 小人170円(小学1年生から高校3年生まで) 未就学児童以下は無料 ※団体割引あり
アクセス方法 奥尻港から青苗方面へ車で約25分
駐車場 あり 無料
URL http://unimaru.com/ (奥尻島観光協会) http://www.town.okushiri.lg.jp/ (奥尻町)
その他 ■館内施設 ・1階/展示ホール、ロビー受付カウンター、資料閲覧棚、エントランスホール、トイレ、飲料自販機 ・地階/映像ホール、展示室 <展示品>ドキュメント北海道南西沖地震(災害翌日の写真展、子供たちの詩・作文集)、奥尻島の歴史、災害から復興までをリアルなジオラマで追った48の立体模型、奥尻島で出土した土器・装飾品の展示、シアター(災害ドキュメント・映像) ※展示物解説はQRコード読み込みで英語、中国語、韓国語表示可能 ※3D映像は、現在上映していません(2020年2月現在)  ※新型コロナウイルス感染拡大防止のため、臨時休館、イベントの中止、サービス内容を変更することがありますことご了承ください。
この記事が関連付けられているタグ: 函館空港 アート・歴史・文化に触れる
PAGETOP