GoodDay北海道 » 観光スポット » 札幌・定山渓エリア » 北海道鉄道技術館【休館中(2020年3月現在の情報)】

札幌・定山渓エリア北海道鉄道技術館【休館中(2020年3月現在の情報)】

(情報提供元:ぐうたび北海道)

工場最古の歴史を誇るレンガ造りの外観。技術館の建物は明治43年(1910年)に苗穂工場の用品倉庫として建築されたもの

北海道の鉄道技術と歴史を体感できる鉄道好きの聖地

昭和62年4月、北海道における鉄道技術の歴史と文化を後世に伝えるため、地域に密着した鉄道工場として開設されました。昭和63年に「さっぽろ・ふるさと文化100選」、平成16年に「札幌苗穂地区の工場・記念館群」として北海道遺産に選定。平成19年には地域活性化に役立つ「近代化産業遺産」にも認定されています。また、平成22年に歴史的文化価値の高い鉄道遺産として、準鉄道記念物の指定を受けました。館内にはキハ82の運転台や同工場で改造制作したリゾート列車「アルファコンチネンタルエクスプレス」の運転台、北海道初の「赤い電車」と言われた711コーナーなど、苗穂工場で開発・製造を手掛けた鉄道車両や技術的資料を展示。ジオラマや体験コーナーなどもあり、鉄道好きの聖地として愛されています。

  • 腕木式信号機とともに館外に展示されているのは国内最大の蒸気機関車であるC62 3号機(5~11月の夏期のみ展示)
  • 北海道初の特急気動車「おおぞら」に使用されたキハ82の運転台
  • 札幌駅周辺をリアルに再現したHOゲージジオラマ模型「振り子でトライ」

このスポットに行ってみたい!
と思ったら星をつけて「評価する」をクリック!

MYプランニング北海道

  • 北海道を予約しよう! 北海道を予約しよう!
  • 北海道を食べよう! 北海道を食べよう!
  • 北海道を旅しよう! 北海道を旅しよう!
所在地 札幌市東区北5条東13丁目(JR北海道苗穂工場内)
お問い合わせ 011-721-6624
定休日・営業時間 ※新型コロナウイルス感染拡大防止のため休館中。再開については公式HPにてご確認ください 営業時間/毎月第2・第4土曜日 13:30~16:00(都合により臨時休館する場合があります) 定休日/毎月2回の開館日以外は閉館
料金 無料 ※苗穂工場正門警備室にて受付のうえ入場
アクセス方法 JR苗穂駅(北口)より徒歩約15分、札幌駅北口よりバス乗車・苗穂工場停留所より徒歩約5分
駐車場 なし ただし、苗穂工場内の駐車場を一部利用できます
URL http://www.jrh-zaidan.or.jp/business/page01.html
その他   ※新型コロナウイルス感染拡大防止のため、臨時休館、イベントの中止、サービス内容を変更することがありますことご了承ください。
この記事が関連付けられているタグ: 新千歳空港 アート・歴史・文化に触れる
PAGETOP