facebook
GoodDay北海道 » 観光スポット » 網走・紋別・北見・知床エリア » 見る&遊ぶ&日帰湯 » 神の子池

神の子池

1日1万2000tもの伏流水が湧出されているので、一年を通じて水位が変わらない

エメラルドブルーが広がる神秘的な池

摩周湖の北東に位置する、透明度の高い「神の子池」。水の透明度は非常に高く、深さ5mの池底に沈む倒木や、その付近を泳ぐ魚の姿まではっきりと見ることができます。天候によって異なりますが、水面がエメラルドブルーに見える様はとても神秘的。水温は8℃程度で、透き通ったブルーの池は冬でも凍ることがありません。名前の由来は摩周湖のアイヌ語(キンタン・カムイ・トー=山の神の湖)からきており、先人達は「この美しい池は、神様からの贈り物に違いない」と神の子池と呼ぶようになったそうです。

MYプランニング北海道

  • 北海道を予約しよう! 北海道を予約しよう!
  • 北海道を食べよう! 北海道を食べよう!
  • 北海道を旅しよう! 北海道を旅しよう!
所在地 清里町字清泉(国有林内)
お問い合わせ 0152-25-4111(きよさと観光協会)
定休日・営業時間 ※冬期間は除雪していません。5月すぎまで雪が残っていることがありますので注意して下さい
アクセス方法 清里町市街から車で約30分 ※道道1115号から神の子池までは林道を走行します。駐車場も未舗装です
駐車場 あり 無料
URL http://www.kiyosatokankou.com/kaminokoike.html
その他 ※汲み取り式トイレ有り ※毎年2月頃に「神の子池スノシューツアー」を開催しています。詳細は上記HPをご確認ください
この記事が関連付けられているタグ: 自然・景観 宗谷・オホーツクエリア
PAGETOP
Copyright 2015
公益社団法人 北海道観光振興機構