GoodDay北海道 » 観光スポット » 洞爺・登別・日高近郊エリア » 太陽の森 ディマシオ美術館

洞爺・登別・日高近郊エリア太陽の森 ディマシオ美術館

(情報提供元:ぐうたび北海道)

縦9m×横27mの作品の周りを3.5m幅の鏡張りにして幻想的な世界をつくりだしたディマシオの超大作

太陽の森に佇む美術館で世界最大の油彩画を鑑賞

太陽の森 ディマシオ美術館は2008年に廃校となった旧・太陽小学校をリノベーションし、2010年にディマシオ美術館としてオープンしました。館内にはフランス幻想画家の鬼才ジェラール・ディマシオが描いた高さ9m×横幅27mの世界最大の油彩画をはじめ、パステル画やデッサンなど代表作200数点を展示。1日8回上映している「宇宙の謎、神秘の美しさ、未知なるブラックホールへ!」では世界最大の油彩画が壮大な音楽とともに様々な色の光に照らされ大きく表情を変えます。また館外にある彫刻庭園ではスワード・ジョンソン(J.Seward Johnson Jr)のブロンズ像、速水史郎の石彫をはじめ、国内外のアーティストの作品を展示しています。

  • 競走馬の牧場が点在する新冠町の山間に佇む美術館。白壁に赤い屋根がかわいい外観です
  • 校庭は彫刻庭園に。アメリカ人彫刻家のブロンズ作品をはじめ、様々な造形作品が自然の中に調和しています
  • 小学校のプールを改装し、2018年3月31日に新規オープンしたガラスの美術館

このスポットに行ってみたい!
と思ったら星をつけて「評価する」をクリック!

MYプランニング北海道

  • 北海道を予約しよう! 北海道を予約しよう!
  • 北海道を食べよう! 北海道を食べよう!
  • 北海道を旅しよう! 北海道を旅しよう!
所在地 新冠町太陽204-5
お問い合わせ 0146-45-3312
定休日・営業時間 開館情報 ◼開館日/木・金・土・日・祝(3月30日~11月24日) ◼開館時間/9:30~16:30(16:30まで入館できます) ◼休館日/月・火・水(祝日の場合は開館) ※団体20名様以上の場合は開館 ◼無休期間/4月25日~5月6日(ゴールデンウィーク)、7月18日~9月29日(夏季) ※無休期間の開館時間/9:30~17:00(17:00まで入館できます) ◼冬期休館/11月25日~
料金 大人1,100円、高校・大学生900円、中学生300円、障がい者手帳所有者(大人)と付添者各900円、太陽地区居住者・小学生以下無料
アクセス方法 ・厚賀インター出口(左折)約20分 ・札幌市内から約2時間 ・新千歳空港から約1時間10分 ・JR日高本線「鵡川駅」下車、代行バス「厚賀」下車、コミュニティバスで約25分(詳細についてはホームページをご覧ください)
駐車場 あり 約100台・無料
URL http://www.dimaccio-museum.jp/
その他 元小学校で使用されていたプールをリノベーションしたガラスの美術館には、19世紀末から20世紀前半にかけてアール・ヌーヴォーからアール・デコ両時代にわたり活躍したフランスのガラス芸術の巨匠ルネ・ラリックの作品180数点のほか、窯稀彩(ようきさい)という技法を生み出した近代硝子工芸世期の作家 壹谷旭のガラス作品を多数展示しています。
この記事が関連付けられているタグ: 新千歳空港 アート・歴史・文化に触れる
PAGETOP