GoodDay北海道 » これぞ!HOKKAIDO » 北海道の絶景!ブルー×ホワイト 青い池は冬こそ美しい。
これぞ!
HOKKAIDO

北海道の絶景!ブルー×ホワイト 青い池は冬こそ美しい。

なだらかな丘が続く光景が魅力的な美瑛。 冬、このどこまでも美しい丘が一面銀世界に。 周りを囲む木々の緑や立ち枯れたカラマツが水面に映りこむ神秘的な姿で人々を魅了する美瑛の人気ビュースポット 青い池。夏のイメージの強い青い池ですが、実は最近、冬に水面が凍結する前のブルーとホワイトのコントラストの青い池、結氷した水面の上に雪が降り積もった青い池など、冬の姿が美しすぎると話題に。

美瑛町、極寒の青い池に魅せられて

無数のカラマツや白樺が立ち枯れる青い池の水面は、見る角度や時間帯・季節によって、コバルトブルーやエメラルドグリーンなどさまざまな色合いに変化します。

 

なぜ、青い池の水は青いのか。

 

その理由は、白金温泉から流れ出るアルミニウム含有の地下水が美瑛川の水と混ざり合い、その水に光が反射して青く見えるからだといいます。まばゆい太陽光を受けて輝く夏の眺めも絶景ですが、凍った水面に雪が降り積もり、ところどころの隙間から見える水のブルーと白い雪とのコントラストは、冬ならではの神秘的な光景です。

ライトアップは10分間で一つのストーリーを表現した、さまざまな照明パターンで展開されます。フォトジェニック・マインドが大いに刺激されること間違いなし。極寒にもめげず撮影した後は源泉かけ流し100%の「びえい白金温泉」へ直行!で決まりですね。

ライトアップ期間

2018年11月1日(木)~2019年3月31日(日)17:00~21:00 予定

 

 

美瑛町

http://town.biei.hokkaido.jp/about/event/illuminate.html

そして時は止まる、静寂に包まれた銀世界

青い池のほかに訪れたいのは、美瑛の雪原。

冬を迎え、広大な平原に雪が降ると、一面銀世界となる印象的な風景に早変わり。そこにあるのは、雪、太陽、樹木の自然そのもの。この景色を前にすると、心が浄化されるような感覚を得られることでしょう。

条件がそろうと、"サンピラー"に出会えることも。写真家ではなくとも、ぜひ一度見てみたい絶景です。

 

富良野・美瑛・トマムエリアの観光スポットについて詳しくはこちら→http://www.visit-hokkaido.jp/article/detail/27

 

このスポットに行ってみたい!
と思ったら星をつけて「評価する」をクリック!

この記事が関連付けられているタグ: 人気 自然・景観 美瑛,冬,ライトアップ
PAGETOP