GoodDay北海道 » これぞ!HOKKAIDO » 北海道で訪れるべき 桜&芝桜スポット9選
これぞ!
HOKKAIDO

北海道で訪れるべき 桜&芝桜スポット9選

雪の多い北海道では、本州より遅れて花の開花シーズンを迎えます。本格的な春の訪れを告げる桜やピンクのじゅうたんが一面に広がる芝桜など、春の北海道で見逃せない春のおすすめスポットを紹介します。

北海道の桜の見頃はいつ?

桜は、日本に春の到来を告げる花です。本州の桜の開花は3月頃ですが、北海道ではそれより1か月程度遅れ、4月下旬から5月上旬に桜の見頃を迎えます。函館・松前では4月下旬頃、札幌近郊では5月上旬から中旬頃、道東エリアでは5月中旬頃と、エリアによって見頃は異なります。下記開花予想もチェックしてみてください。

https://weathernews.jp/s/sakura/(ウェザーニュース)

■北海道で訪れるべき桜スポット6選

五稜郭公園(函館市)

函館の五稜郭公園は、北海道を代表する桜の花見名所。五稜郭は特徴的な星型の城跡だけでなく、周辺も含めて公園として整備され、園内にはソメイヨシノを中心とした約1600本の桜が咲き誇ります。公園を散策して花見を楽しんだ後は、ぜひ五稜郭タワーの展望台から見てください。五稜郭の星形がピンク色に縁取られた美しさは、他にはないここだけの特別な景色です。

五稜郭公園および函館公園では毎年、桜の開花にあわせて夜間のライトアップ(電飾)も実施され、美しい夜桜を楽しむことができますよ。

 

【見頃】4月下旬~5月上旬  4/26頃満開予想

【住所】北海道函館市五稜郭町44

【アクセス】函館市電「五稜郭公園前」から徒歩約15分

【リンク】https://www.hakodate.travel/cht/top7/goryokaku

松前公園(松前町)

松前城や寺町など江戸時代の雰囲気が残る日本最北の城下町・松前町は、桜と城の競演が見事な日本の桜100選にも選ばれている桜の名所。公園内には250種1万本の桜があり、早咲き・中咲き・遅咲きと開花していくため、約1ヶ月間にわたって花見を楽しむことができます。早咲き・中咲き・遅咲きと「時差開花」する桜の競演、津軽海峡を眺めながら見る桜はまさに圧巻。

 

【見頃】4月下旬~5月下旬  4/26頃満開予想

【住所】北海道松前郡松前町字松城

【アクセス】JR木古内駅からバスで約90分

【リンク】http://www.asobube.com/

法亀寺しだれ桜(北斗市)

北斗市の法亀寺の寺境内にあるしだれ桜は、推定樹齢300年、高さは約12メートル、垂れ下がった枝いっぱいに花をつけます。大きく湾曲して垂れる枝にいっぱいの花が咲く華やかな姿が人気です。これほど巨大で見事なしだれ桜は北海道では大変珍しく、その姿はとても美しく、見る人を感動させてくれます。満開の時期にあわせて夜間のライトアップが行われており、多くの見物客を集めています。

 

【見頃】5月上旬〜中旬

【住所】北海道北斗市向野1丁目14-13 法亀寺内

【アクセス】JR新函館北斗駅からクルマで約10分

【リンク】http://hokutoinfo.com/tw/spot-tw/

北海道神宮(札幌市)

北海道で最も有名な神社「北海道神宮」。参拝のみならず、桜と梅が植樹されているため、桜と梅の2種類の花を同時に楽しむことができます。

北海道神宮でも表参道を中心に約1100本のエゾヤマザクラやソメイヨシノ、ヤエザクラなどの桜と約200本の梅が開花します。桜の開花にあわせて多くの露店が立ち並び、多くの参拝客でにぎわいます。

 

【見頃】4月下旬 4/28頃満開予想

【住所】北海道札幌市中央区宮ヶ丘3

【アクセス】地下鉄東西線円山公園駅から徒歩約5分

【リンク】http://www.hokkaidojingu.or.jp/

天狗山(小樽市)

小樽市の天狗山山頂にある一本桜は、開花すると ハート型になる人気の桜スポット。小樽市内で一番最後に咲く桜といわれ、例年5月中旬~下旬に見ごろを迎えます。「天狗桜展望台」からは小樽の街並みが一望でき、展望台内にはハート型のイルミネーションとともに写真撮影ができる広場があります。小樽の景色と同時に幸せな気分も味わうことができるスポットです。

 

【見頃】5月上旬〜5月中旬

【住所】北海道小樽市最上2丁目16-15

【アクセス】JR小樽駅からバスで約17分

【リンク】https://tenguyama.ckk.chuo-bus.co.jp/

二十間道路桜並木(新ひだか町)

約7kmも続く直線道路に約2,200本もの桜が咲き誇る北海道随一といわれる桜の絶景ロード。道幅が二十間(約36m)だったことから「二十間道路」と呼ばれています。日本屈指の桜の木々たちが生み出す光景は、まさに圧巻。メインストリート脇の「花のトンネル」は、見上げると降るように覆いかぶさる桜の花。300mに渡って続く桜のトンネルで風情ある散策を楽しめます。

 

【見頃】5月上旬〜5月中旬 5/2頃満開予想

【住所】北海道日高郡新ひだか町静内田原静内御園

【アクセス】静内駅前からバスで約19分

【リンク】http://shinhidaka.hokkai.jp/kankoukyoukai/nizyukken/douro.html

●北海道の芝桜の見頃はいつ?

北海道の芝桜が見頃を迎える時期は地域や天候によって変わりますが、5月中旬〜6月上旬が目安となります。芝桜は桜に比べて開花時期が長く、約1ヶ月間にわたって楽しむことができます。

 

■北海道で訪れるべき芝桜スポット3選

芝ざくら滝上公園(滝上町)

日本最大級の芝ざくらスポット。滝上町の「芝ざくら滝上公園」の傾斜地一面に、5月中旬から6月上旬までの約1ヶ月間咲き続ける芝桜。日本一を誇る芝ざくらの大群落は、まさに感動の一言。色の鮮やかさばかりでなく、周囲を甘い香りに包みこんでくれます。開花期間中は「芝ざくら祭り」が開催され、ヘリコプターによる遊覧飛行も楽しめます。パノラマと芝ざくらのコントラストを空から眺めるのは、この時期だけの特別な体験。イベント期間中に訪れたら、ぜひ楽しんでみて。

 

【見頃】5月中旬~6月上旬

【住所】北海道紋別郡滝上町元町

【アクセス】JR上川駅からバスで約60分

【リンク】http://takinoue.com/

ひがしもこと芝桜公園(大空町)

毎年多くの旅行客が集まる芝桜の人気スポット「ひがしもこと芝桜公園」。

10ヘクタールの広さを誇る芝桜公園は、見頃時期には、丘一面がピンクに染まり、一面に敷き詰められたピンクのグラデーションは、圧巻のひとこと!

芝桜に覆われた緩やかな丘は、下から見上げても、上から眺めても絶景。芝桜の中にあるピンク色の鳥居「山津見神社」もSNSで大人気のスポットです。

 

【見頃】5月中旬~6月上旬

【住所】北海道網走郡大空町東藻琴末広393

【アクセス】JR網走駅からバスで約45分

【リンク】http://www.shibazakura.net/

三島さんの芝ざくら庭園(倶知安町)

スキーリゾートとして人気のニセコエリアに、見事な芝桜が観られる場所があります。それが、羊蹄山をバックに一面にピンクの芝ざくらが広がる「三島さんの芝ざくら庭園」。例年6月上旬に見ごろを迎え、広大な敷地を埋め尽くすピンクの芝桜のバックには、雪を残した羊蹄山がそびえ立ち、見事なコントラストを演出しています。ここは、元農家である三島さんの私有地。公的なスペースではないので、ぜひマナーを守って芝桜を楽しんでください。

 

【見頃】5月下旬~6月上旬

【住所】北海道虻田郡倶知安町字旭51

【アクセス】JR倶知安駅から徒歩約15分

【リンク】https://www.town.kutchan.hokkaido.jp/tourism/midokoro/shibazakura/mishimasan/

このスポットに行ってみたい!
と思ったら星をつけて「評価する」をクリック!

この記事が関連付けられているタグ: 絶景・ビュースポットに行きたい 桜.芝桜
PAGETOP