facebook
GoodDay北海道 » キュン旅北海道 » 2016年冬号

キュン旅北海道

2016年冬号

  • 六花亭 帯広本店
  • 北菓楼 札幌本館
  • 山
  • 壺屋総本店 き花の杜
  • 地元の銘菓・待ち合わせMAP
  • 旅の情報ソムリエ

道内各地のとっておきを厳選

旅の情報ソムリエ

知る人ぞ知る紅葉スポット、
地元の味・人とふれあえる横丁案内など、
秋の旅心にフィットする情報を集めました。

  • 道央
  • 道東
  • 道南
  • 道北
道央
イベント

2017
冬季アジア札幌大会[札幌市、帯広市]

●開催地/札幌市、帯広市
     各競技会場
●開催日/2017年2月19日~26日
□第8回 札幌アジア冬季競技大会
 組織委員会事務局
☎011-242-2017
https://sapporo2017.org/

アジアトップ級アスリートを会場で応援しませんか。

 アスリートの間では、〝アジアのオリンピック〟とも呼ばれている大会。ウインタースポーツを対象にした冬季アジア大会は今回で8回目。札幌市と帯広市の会場でスキー、スケート、バイアスロン、アイスホッケー、カーリングの5競技11種別が行われる予定。11月14日から、開閉会式、全有料競技のチケット一般販売を開始。アジアトップ級アスリートの活躍を間近で見られる、数少ないチャンス。詳しくは、公式ホームページで確認を。

食べる・買う 食べる・買う

EBRI(エブリ)[江別市]

赤れんがの生産地、江別の新名所

 約130年のレンガ製造の歴史がある江別市。EBRIは、まちのシンボル的存在「旧ヒダ工場」をリノベーションした商業施設。大きな薪窯と新鮮な地元食材が作る絶品スイーツ・パン・イタリア料理のお店のほか、野菜、魚、加工品等を販売する市場などおいしいものがたくさん。

□EBRI ☎011-398-9570

見る 見る

鬼火の路 幻想と神秘の谷[登別市]

鬼火に誘われ幻想的な夜の散策

 夜も眠らない地獄谷へ誘(いざな)う、鬼火の路。白煙が立ち上る中、岩肌を照らす路を歩いて行くと、地獄のような爆裂火口跡が。その荒々しさは日中にも増して、かなりのインパクト。フットライトの点灯は、日没から21時30分まで。冷えた体は、温泉で温めて。

□登別観光協会 ☎0143-84-3311

見る 見る

白い恋人パーク イルミネーション2016-2017 [札幌市]

ロマンチックがとまらない!

 白い恋人の工場見学、お菓子づくりなどができる白い恋人パーク。11月3日から2017年3月20日の期間、高さ約10mのメインツリー、サンタクロースのそりを引くトナカイのオブジェなどが登場し、さらに魅力的に。点灯は、16時30分から19時30分まで(19時以降はゲート外からの見学)。

□白い恋人パーク総合案内 ☎011-666-1481

道東
イベント

阿寒湖氷上
フェスティバル
ICE・愛す・阿寒
「冬華美」 [釧路市]

●開催地/釧路市 阿寒湖温泉、
阿寒湖氷上特設会場
●開催日/2017年2月1日~3月12日 19時30分~20時30分頃
□阿寒観光協会まちづくり推進機構
 ☎0154-67-3200

厳しい寒さを味方につけた、エンターテイメントな夜。

 厚い氷に覆われた阿寒湖を舞台に繰り広げられるイベントで、今回で39回目を迎える。天然氷を大きなのこぎりで切る体験、本物のストーンを投げられるカーリング体験は、地元スタッフがサポート。また、アイヌ民族の火の儀式のセレモニーも実施。メインは、期間中、毎夜打ち上げられる冬華美。澄み切った夜空が、宝石がちりばめられたように輝き、幻想的な一夜を演出する。

見る 見る

ジュエリーアイス [豊頃町]

冬限定、自然が造る幻の風景

 十勝川河口付近の結氷した氷が太平洋に流れ、海が時化たときに氷塊となって砂浜に打ち上げられる。太陽の光を浴び、美しく輝く様子から、この氷塊は「ジュエリーアイス」と呼ばれている。形状もさまざまで、朝日に照らされ輝くその様子は、時間を忘れて見とれてしまうほど。

□豊頃町観光協会 ☎015-574-2216

食べる 食べる

十勝ラクレット「モールウォッシュ」 [十勝]

十勝だから作れたチーズ

 「モールウォッシュ」は、十勝のチーズ工房が集い、作り上げた共通ブランド。ベースはラクレットチーズで、熟成過程で表皮を磨く際、十勝川温泉のモール温泉水を用いるところが最大の特徴。チーズを溶かす際に出るにおいが少なく、まろやかな味が好評を博している。

□十勝品質事業協同組合 ☎0155-66-5502

見る・買う 見る・買う

池田町ブドウ・ブドウ酒研究所 [池田町]

ワインファンなら一度は行きたい

 自治体によるワイン醸造の草分けで、50年以上の歴史を持ち、ブドウ畑を眺めるように建つ通称「ワイン城」。フレンチオーク樽やオールドビンテージが眠る熟成室の見学や試飲ができるほか、ワイン城限定ワインや町の特産品が並ぶショップ、レストランも併設している。

□池田町ブドウ・ブドウ酒研究所 ☎015-572-2467

道南
イベント

五稜星の夢
イルミネーション[函館市]

●開催地/
函館市 特別史跡五稜郭跡
(五稜郭公園)、五稜郭タワー
●開催日/
12月1日~2017年2月28日
17時~20時(2/10以降17時30分~)
□五稜星の夢実行委員会
(五稜郭タワー内)
☎0138-51-4785

地上に大きな星が降りた?

 数々の歴史の舞台となった特別史跡五稜郭跡。期間中、堀の周りは電球で彩られ、五稜郭タワー展望台からは大きな星が浮かんでいるように見える。1月上旬までは黒っぽく、それ以降は青っぽく見えるのも妙。

買う・飲む 買う・飲む

社長のよく飲むビール [函館市]

その名にふさわしい、 深いコクと香りの贅沢なビール

 函館山の地下水を使用してビールを醸造している、はこだてビール。数ある種類の中でもこのビールは特に贅沢なつくりで、通常の2倍の量のモルトを用いて1か月間熟成。アルコール度数は他にない約10%。ショップで購入するほか、併設のレストランで飲むこともできる。

□はこだてビール ☎0138-23-8000

街歩き・食べる 街歩き・食べる

木古内みそぎ まち歩き[木古内町]

試飲・試食と、伝統の神事も体験

 北海道新幹線の駅が開設され、注目と話題を集めている木古内町。このまち歩きでは、老舗酒店・菓子店での試飲や試食をしながらお土産選び、180余年の歴史を持つ神事・寒中みそぎ祭りの体験を行える。参加費1,000円、日曜・年末年始・1/13~15を除く毎日11時から実施。

□木古内町観光協会 ☎090-6521-1616

道北
イベント

あさひかわ街あかり
イルミネーション[旭川市]

●開催地/
旭川市 緑橋通り、昭和通り、
平和通買物公園ほか
●開催日/
12月3日~2017年3月12日 17時~22時
(買物公園のみ16時30分から)
□旭川街あかり実行委員会事務局
☎0166-23-0090

イルミを見ながら街歩きを。

 約20万球の灯りが市内中心部の5つのストリートを彩る、冬の風物詩。星空の下、JR旭川駅前から続く平和通買物公園に立つ「モニュメントイルミネーション(写真)」など、必見スポットを訪ね歩くのがおすすめ。

見る 見る

なよろ市立天文台 「きたすばる」 [名寄市]

星降るマチで空を見上げる

 光害が少ないことから、国内トップクラスの星空の街とされる名寄市。この天文台では、晴天時に国内最大級の口径を誇る望遠鏡などで空を観望することができ、夜は無数の星が輝く空が見える。圧倒的な映像美と音響がコラボレーションしたプラネタリウムも必見。

□なよろ市立天文台「きたすばる」 ☎01654-2-3956

見る・体験する 見る・体験する

国稀酒造 [増毛町]

日本最北の酒蔵

 明治15年創業、日本最北の酒蔵、国稀酒造。店舗はJR増毛駅前から続くふるさと歴史通りにあり、酒蔵見学(9時~16時30分)のほか、季節商品、地元限定品を含む全20種類以上の日本酒の試飲も楽しめる。周辺には歴史的建造物も多く、酒蔵見学とあわせて増毛のまち歩きもおすすめ。

□国稀酒造 ☎0164-53-1050

PAGETOP
Copyright 2015
公益社団法人 北海道観光振興機構