facebook
GoodDay北海道 » キュン旅北海道 » 2016年冬号

キュン旅北海道

2016年冬号

絶景ごはん 特集 道内各地のとっておきを厳選旅の情報ソムリエ
ためいきが出るような景色を見ながら、THE北海道を召し上がれ!ためいきが出るような景色を見ながら、THE北海道を召し上がれ!

北海道で人気沸騰中の
「札幌乙女ごはん。」が
「キュン旅北海道」にも登場!
「食」と「観光」の漫画情報誌「札幌乙女ごはん。」の
主役3人が特集エリアを先回り。
各地での感動をビビッドに伝えます。

札幌乙女ごはん。

☆著:松本あやか  編集:エアーダイブ
発行:Dybooks  協力:札幌市商⼯会議所

札幌乙女ごはん。

ナビゲーター役は、この3人。

小田 早織小田 早織

小田 早織おだ さおり

旅行会社勤務の30歳。「超」がつくほど真面目な性格。

佐野 夏子佐野 夏子

佐野 夏子さの なつこ

WEBデザイナーの30歳。早織の高校時代からの親友。

関 このみ関 このみ

関 このみせき このみ

歯科助手の28歳。早織と夏子の高校時代の後輩。

六花亭
informationinformation

帯広市西2条南9丁目6
Tel.0120-12-6666(フリーダイヤル)
営業時間/1階店舗9時~19時
2階喫茶室11時〜L.O.17時30分
※季節によって変動あり。定休日/年中無休

十勝の食料自給率(カロリーベース)は約1,100%!

食料自給率の高さは日本随一。十勝は、馬鈴薯、豆類、ビート、長いも、小麦、生乳、牛肉などを生産する食料基地です。

ゆっくりくつろげる空間で、親しみやすいメニューをお手軽な価格で提供。

 十勝の中心都市・帯広に、1933年に創業した六花亭。シンプルな饅頭や餅を作り、喫茶室を営む地元のお菓子屋さんから、北海道を代表するブランドになりました。
 お菓子作りの原点は、十勝らしさの表現。創業者・小田豊四郎が生んだ餡と求肥をつめた最中「ひとつ鍋」は、十勝開拓の祖・依田勉三が開墾の苦労を詠んだ句にちなんだもの。全国にファンを持つ「マルセイバターサンド」、ロングセラーの「大平原」、「白樺羊羹」も十勝から題材をとっています。
 かたちは違っても、すべてのお菓子に通じる優しさ、品の良さ。そうした六花亭らしさは、商品開発、商品名はトップによるという創業時からの方針に守られています。

「六花亭」は、東大寺管長・清水公照氏が雪を意味する“六花”から命名。


「マルセイバターサンド」は、1977年、「六花亭」への社名変更記念菓子として誕生。専用の小麦粉で作ったビスケットで、ホワイトチョコレートとレーズン、北海道産生乳100%のバターをあわせたクリームをサンドしている。4個入り500円。

 賞味時間3時間という衝撃のお菓子「サクサクパイ」は、帯広本店にご来店くださる方のために、持ち帰りができない〝瞬間〟を食べるメニューとして生まれたもの。購入後すぐに、イートインスペースで無料サービスのコーヒーとともに味わうのが、一番おいしい食べ方です。
 2階の喫茶室も、こだわりは〝つくりたて〟。ふわふわのホットケーキやサクサクのワッフルを、創業の地で堪能し、そしてくつろぐ。ひとつひとつが特別で、他では出会えない時間です。
 いつもと同じであってほしい、いつも新しい何かがあってほしい。帯広本店は、相反するわがままに応えてくれる懐の深さを感じ取れる場所です。

← 花柄の包装紙は、昭和30年代には完成していたそうで、当時十勝で暮らしていた山岳画家・坂本直行が描いたものを今もそのまま使用。また、商品ロゴは創業者が書き溜めた文字を使用している。

一番人気の「ホットケーキ(520円)」は、「マルセイバターサンド」などに使用しているバターとメープルシロップがついてくる。賞味時間2時間の店舗限定スウィーツ。「雪やこんこ」のビスケットで、ベイクドチーズケーキをサンドする「雪こんチーズ(1個180円)」。

左:「マルセイアイスサンド」 2015年、札幌本店のオープンを機に誕生。「マルセイバターサンド」を冷凍して食べるのが好きというお客様の声もヒントに。1個200円。(帯広本店、札幌本店)
右:「サクサクパイ」 コルネ状のサクサクのパイに、生カスタードクリームがたっぷり。1本180円。(帯広本店、札幌本店、帯広西三条店、釧路春採店、釧路鶴見橋店)

「六花亭」は、東大寺管長・清水公照氏が雪を意味する“六花”から命名。


マルセイバターサンド

「マルセイバターサンド」は、1977年、「六花亭」への社名変更記念菓子として誕生。専用の小麦粉で作ったビスケットで、ホワイトチョコレートとレーズン、北海道産生乳100%のバターをあわせたクリームをサンドしている。4個入り500円。


↑ 花柄の包装紙は、昭和30年代には完成していたそうで、当時十勝で暮らしていた山岳画家・坂本直行が描いたものを今もそのまま使用。また、商品ロゴは創業者が書き溜めた文字を使用している。

絵になる見どころコンプリート!|約5.5時間

焼肉 平和園本店

日本で初めて、焼肉スタイルでジンギスカンを提供。丁寧に下処理した肉は臭みなし。肉の味を生かすため、注文を受けてから味付けする「一丁付け」を守る。

おびひろスイーツめぐり券

参加店舗の中からお好きな4店舗を選んで、各店おすすめのスウィーツが食べられるお得なチケット。1冊500円。

おとふけ十勝川白鳥まつり「彩凛華」

●音更町 十勝が丘公園
●2017年1月21日~2月26日

白鳥観察

十勝川温泉近くの十勝川河畔では、12月初旬頃~3月中旬、優美な姿の白鳥が間近に見られる。

待ち合わせMAP
絵本のような世界観

ガーデンスパ十勝川温泉

美肌の湯・モール温泉が湧く十勝川温泉を水着で満喫するスパ、マルシェ、十勝のおいしさを味わいつくす4つの飲食店が集まった新スポットが誕生!

PAGETOP
Copyright 2015
公益社団法人 北海道観光振興機構