旧花田家番屋

明治のニシン漁最盛期に思いを馳せながら

  • 松浦武四郎翁の像
  • 松浦武四郎翁の像

北海道遺産にも認定されている、日本最北端の国指定重要文化財の建物です。

1905年(明治38年)に建てられた鰊番屋は、道内で現存する番屋では最大の規模を誇ります。ニシン漁が盛んだった最盛期には、雇い人が200人をも超えていました。この番屋はすべて地元「大椴」の山から切りだし、三半船で海上を運び、木挽の手によって製材されたものです。貴重な道具類なども一般公開されており、当時の様子を知ることができます。


現在は道の駅「おびら鰊番屋」が併設されています。道の駅では、特産品の販売や歴史文化保存展示ホール、日本海の新鮮な海の幸を味わえる食堂などもあり、旧花田家番屋と共に楽しむことができます。


また、国道232号線をはさんで海側には「にしん文化歴史公園」があり、夕陽をイメージしたモニュメントと北海道の名付け親、松浦武四郎翁の像が建っています。モニュメントが描く弧に日本海へ沈む美しい夕陽が重なる時、素晴らしい風景を望むことができます。

毎年5月下旬には鰊番屋まつりを開催。さまざまなゲームやイベントが行われ、多くの来場者で賑わいます。

最寄りの空港

基本情報

郵便番号
〒078-3454 
所在地
北海道小平町字鬼鹿広富35-2
電話番号
0164-57-1411
営業時間
(5月~10月)8:00~17:00
(11月~4月)9:00~16:00
休業日
・月曜日(6月第3月曜日~8月第2月曜日は無休)
・年末年始
※冬期間については臨時休館となる場合があります。
関連リンク

小平町役場

※施設情報が変更される場合があります。最新情報は各公式サイト等をご確認ください。

このスポットの近くにある道の駅

道の駅 サンフラワー北竜
more
道の駅 鐘のなるまち・ちっぷべつ
more
道の駅 森と湖の里ほろかない
more
道の駅 田園の里うりゅう
more
道の駅 たきかわ
more
道の駅 ライスランドふかがわ
more
深川物産振興会
more
道の駅 つるぬま
more
道の駅 うたしないチロルの湯
more
道の駅 うたしない
more

宿泊・体験予約

このスポット周辺でできる
体験を予約する

周辺でできる体験プラン
予約は
こちらから
おでかけ予定のエリアをクリック!

このスポット周辺の
宿を予約する

周辺の宿の予約はこちらから
人気サイトの宿泊プランを一括比較
オンラインで空室確認+予約
more more
ページトップへ