3 自転車好きは必見!利尻島サイクリングロードに行ってみよう

近年、世界のさまざまな国で「自転車」の活用が注目されています。ここ北海道でも、今や自転車は日頃の移動手段に限りません。「観光」に欠かせない存在として、サイクルツーリズムに取り組む地域が増えており、中でも利尻島は日本最北のサイクリングロードを有する、自転車好きなら見逃せない観光地。大自然を堪能できる自転車での島めぐりの魅力を紹介します。


日本百名山に数えられる利尻富士が島の真ん中にそびえ立つ利尻島。春から夏にかけて高山植物が咲き誇る自然豊かな島には、稚内や礼文島からフェリーが出ているほか、丘珠空港から飛行機も飛んでいます。また、自転車はレンタルサイクルがいくつかあるので、持ち運ばずともサイクリングを楽しめます。サイクリングロードは島の海岸線に整備されており、始点の野塚展望台から終点の利尻町運動公園まで約25キロ。3時間15分ほどで走破することができます。


利尻を走る上で外せないもの。それはやはり“利尻富士”ともいわれる名山、利尻山です。サイクリングロードは、その利尻山を常に望める形で整備されていて、進めば進むほど、その表情が変わってくるのも見どころの一つ。さらに平原を抜けると、海沿いを走るコースに変わり、今度は右手に海、左手に利尻富士という贅沢な景色が広がります。天気の良い日は海の向こうに、礼文島も望めます。


サイクリングロード沿いには利尻富士温泉や公園など、休憩所もたくさんあります。風や登り坂で結構な体力を消耗しますので、自分のペースで無理せず、ゆっくりと走るようにしましょう。体力に自信のある人は、サイクリングロードだけでなく、車道も使って利尻島を一周してみるのもおすすめです。サイクリングロードを通っていくと60.2km(約7時間31分)で一周することができ、霊峰湧水や白い恋人の丘といった観光スポットも巡ることができます。


利尻島サイクリングロード

お問い合わせ利尻町観光協会 https://www.rishiri-plus.jp

各施設情報については変更になる場合がありますので事前のご確認をお願いいたします。

PAGE TOP