SCENERY 16 大自然が作り出す神秘。北海道の新絶景「ジュエリーアイス」

思わず息をのみ、言葉を失うほどの美しい景色に出会う機会が多い北海道ですが、まだまだ広く知られていない絶景もあります。北海道十勝にある豊頃町大津海岸にも、ここでしか見ることができない“新絶景”が。その名も「ジュエリーアイス」です。1月中旬~2月下旬のごく短い期間にしか現れない、大自然が作り出した神秘です。


ジュエリーアイスとは、太平洋に流れ出た十勝川の氷が海岸に打ち上げられたもの。海の氷と聞いて流氷をイメージする方もいるかもしれませんが、流氷との決定的な違いは色にあります。ジュエリーアイスの特長はなんといってもその透明さ。濁りの少ない氷が太陽の光を受けて、まさに宝石のように美しく光り輝きます。


時間の経過とともに表情を変えるジュエリーアイス。変化を最も感じられるのは日の出の時間です。月明りで青くたたずんでいた氷が朝日を受けて少しずつ紫色から朱色、橙色に染まっていき、太陽が昇り切った頃には、無数のダイヤモンドを散りばめたような圧巻の光景が広がっています。この時期の大津海岸は、写真好きの方やインスタ好きの方にはたまらない絶好の撮影スポットに。流れ着いた氷を積み重ねたり手に持ったりして、自分だけのアート作品に挑戦するのも楽しいですよ。


冬の大津海岸はマイナス20度を下回ることもあるほど寒いので、重ね着などの防寒対策をしっかりすることが必要です。また極度の低温や急激な温度変化はスマートフォンにも悪影響を及ぼすので、バッテリーの保温などもお忘れなく。大津海岸は十勝の中心帯広市から車で70分程度。自動車での移動は必須です。冬道の運転に不安のある方はタクシープラン、ガイドツアーを利用すれば安心です。


ジュエリーアイス

お問い合わせガイドツアー(サムライプロデュース) https://www.samuraiproduce.com/
タクシープラン(旅の便利屋) http://www.tabinobenriya.co.jp/

各施設情報については変更になる場合がありますので事前のご確認をお願いいたします。

PAGE TOP