SCENERY 19 氷点下が生み出す絶景が広がる「霧氷テラス」

眼下に広がるダイナミックな絶景を楽しめると人気の観光スポット、星野リゾート トマムの「雲海テラス」。雲海は毎日姿形を変え、訪れるたびに違った表情を見せてくれます。何度でも新鮮な感動を味わえるため、たくさんの人がリピーターになるといいます。雲海テラスが営業しているのは毎年5月~10月。営業が終了している冬の間、テラスではどんな景色が広がっているのでしょうか。


麓から雲海ゴンドラに乗って登ること約13分。標高1088mの地点に、斜面から空へと向かうようにせり出している「Cloud Walk(クラウドウォーク)」が現れます。5月~10月の夏季は「雲海テラス」として営業しているこの場所は、真冬の限られた期間だけ「霧氷テラス」へと姿を変えます。霧氷とは、マイナス約2〜10度を下回ると空気中の水蒸気や霧が樹木に付着する、冬ならではの現象。一般的に名前が知られている「樹氷(じゅひょう)」も、この霧氷の一種なんです。


では、霧氷テラスからはどんな景色が見られるのでしょう。到着すると、真っ先に雄大な日高山脈が目の前に広がります。周りには、氷の化粧を施され真っ白に輝く木々。晴れた日には、青空と織りなすコントラストが美しい神秘的な世界が楽しめます。それはまさに、氷点下が生み出す絶景。日常の喧騒を忘れ、しばし静かなひとときを過ごせます。また12月1日から25日までは夜間も営業。ライトアップで照らされた霧氷や、時にはダイヤモンドダストが見られることも。昼間とはまた違った趣が味わえます。


霧氷テラスにあるカフェ「てんぼうかふぇ」では、冷えた体を温めてくれる限定ホットドリンク&スイーツを用意。霧氷をイメージした飴細工が乗った「霧氷コーヒー」をはじめ、霧氷のきらめきや雪景色をイメージした「霧氷ロールケーキ」、温めたトマム牛乳にホワイトチョコレートリキュールを加え、雪の結晶がモチーフのホワイトチョコレートを添えた「霧氷ホットカクテル」など、幻想的な風景にぴったりのメニューがそろっています。ぜひ、冬ならではの感動を霧氷テラスで体感してみませんか?


霧氷テラス

住所北海道勇払郡占冠村中トマム
営業期間2020年12月1日~2021年2月28日
霧氷ライトアップ(夜間営業)は12月1日~25日
営業時間12月1日~25日 / 上り最終9:00~15:00 下り最終15:30
12月26日~2月28日 / 上り最終9:00~15:30 下り最終16:00
霧氷ライトアップ(夜間営業)/ 上り最終16:30〜18:00 下り最終18:30
料金大人2200円、小学生1300円
お問い合わせ星野リゾート トマム https://www.snowtomamu.jp/winter/

各施設情報については変更になる場合がありますので事前のご確認をお願いいたします。

PAGE TOP