HOT SPRING 1 冬の贅沢な時間。北海道の雪見露天風呂

寒くなると恋しくなるのが、なんといっても温泉です。特に、美しく幻想的な雪景色を眺めながら温かいお湯に浸かる露天風呂は、この季節にしか味わえない最高のぜいたくですね。そんな極上の雪見露天風呂を楽しめる、北海道ならではのオススメ温泉スポットをピックアップしてみました。この冬は一面に広がる銀世界に包まれながら、ゆっくり、ほっこり、心も体も癒されるひとときを過ごしてみませんか。


上富良野町
澄みわたる空の開放感を堪能!「十勝岳温泉」

北海道のほぼ中央に位置する十勝岳中腹に囲まれ、標高1200mにひっそりと4軒の宿がたたずむ温泉郷。一年の約半分は冬景色で、毎年6月頃まで雪見露天風呂が楽しめます。夜になると手が届きそうなほどの星空が広がり、冬には「ダイヤモンドダスト」も見られます。北海道で一番高い場所にある温泉宿「湯元 凌雲閣」は、空にせり出すように造られた露天風呂からの眺めが絶景です。湯煙の向こうにそびえ立つ十勝岳連峰は圧巻! 山や自然が大好きな方にピッタリです。

十勝岳温泉

住所北海道上富良野町十勝岳温泉
アクセスJR上富良野駅より町営バスで約30~40分(1日3往復)
日帰入浴可能 凌雲閣8:00~20:00(最終受付19:30)/ 不定休
料金日帰り入浴の場合600~800円 ※施設によって異なる。
凌雲閣:大人800円、小学生400円、未就学児無料
お問い合わせかみふらの十勝岳観光協会 http://www.kamifurano.jp/stay/onsenyado
凌雲閣 https://ryounkakuonsen.wixsite.com/ryounkaku

弟子屈町
湖の中で白鳥と混浴!? 「コタンの湯露天風呂」

屈斜路湖からわずか5mの距離にある秘湯。石造りの湯船は湖に面していて、お湯の水面が湖面とほぼ同じ高さのため、湖に浸かっているような気分を味わえます。屈斜路湖には、11月~4月にかけて越冬のために多くの白鳥が飛来。すぐ近くで羽を休めるので、まるで白鳥と混浴しているかのような感覚に。混浴となっていますが男女別の脱衣所も設けられていて着替えも安心な上、水着の着用やタオルを巻いての入浴もOKです。

コタンの湯 露天風呂

住所北海道弟子屈町屈斜路古丹
営業時間24時間 / 定休日無し
料金無料
お問い合わせ摩周湖観光協会 https://www.masyuko.or.jp/introduce/kotannoyu/
  • 定期清掃のため入れない時間があります(5月~10月:毎週火曜・金曜、11月~4月:毎週金曜)
  • 定期清掃日以外でも気象条件によっては清掃作業をすることもあり、作業中の入浴はできませんのでご了承ください。

札幌市
日本最大級のスケールが特徴の「豊平峡温泉」

札幌の奥座敷・定山渓にある日帰り温泉。約200名は入れる日本最大級の源泉かけ流し100%露天風呂と、遮るものがない一面の雪景色が特徴です。3種類ある露天風呂は奇数日と偶数日で男湯と女湯が入れ替わります。夜はライトアップされ、幻想的な雰囲気に心も体も癒されます。豊平峡温泉のもう一つのお楽しみといえば名物のインドカリー。試行錯誤の結果たどり着いた「特製セラミック釜」で焼き上げるこだわりのもっちりふわふわナンと、種類豊富な特製インドカリーはリピート必至!

豊平峡温泉

住所北海道札幌市南区定山渓608−2
営業時間10:00〜22:30 (最終受付21:45)/ 定休日なし
料金大人1,000円 、 子供500円
お問い合わせhttp://www.hoheikyo.co.jp/

各施設情報については変更になる場合がありますので事前のご確認をお願いいたします。

PAGE TOP