ACTIVITY 11



(国立アイヌ民族博物館)

アイヌ文化を復興・発展させる拠点であり、多様な文化を持つ社会を築いていくための象徴として、2020年7月12日、白老町に「ウポポイ(民族共生象徴空間)」がオープンしました。そもそも「ウポポイ」とは、アイヌ語で「大勢で歌うこと」という意味。その名の通り、ここではさまざまな民族の垣根を取り払った「共生」がテーマとなっています。敷地面積は札幌ドームの4~5個分に相当するほどの広さで、その中に展示を中心とした「国立アイヌ民族博物館」と、アイヌ文化を体感できる「国立民族共生公園」があります。



(博物館2階のパノラミックロビーからポロト湖を臨む絶景)

アイヌ民族博物館の2階からはポロト湖を臨む絶景を見ることができます。博物館の基本展示室は「私たち」というアイヌ民族の視点で語る6つのテーマ展示でことば・くらし・歴史などを紹介しています。資料の展示は約700点。中央部にアイヌ文化の粋を集めた作品が展示され、アイヌ文化の概略とすぐれた芸術性を理解できるようになっています。また周辺の個別の展示ではより詳しい情報が得られ理解が深まります。


(チセ)

また、博物館の2階からは伝統的コタンも確認できます。コタンとは、アイヌ語で「集落」や「村」を意味し、今も神居古潭や積丹など、北海道の地名に残されています。民族共生公園ではアイヌ民族の昔の家屋である「チセ」が建てられ、コタンが再現されているのです。こちらもぜひ体験しておきたいところです。


民族共生公園には体験交流ホールもあります。ステージでは古式舞踊やムックリ(口琴)、の演奏など、アイヌの伝統芸能が上演されます。アイヌ文化の様式美を堪能してはいかがでしょう。他にも、「体験学習館」や「工房」で、アイヌ文化を体感できるプログラムを実施中。さらに地元食材を味わえる飲食店やお土産も充実しており見どころ満載!まずは「イランカラㇷ゚テ」(アイヌ語でこんにちは)の挨拶に迎えられ、アイヌ文化に触れることからはじめてみませんか? 驚きと感動が待っていますよ。



(園内案内図)
住所北海道白老郡白老町若草町2丁目3
開館時間2020年10月31日まで平日9:00~18:00、土日祝9:00~20:00
2020年11月1日~2021年3月31日9:00~17:00
休館日月曜日(祝日または休日の場合は翌日以降の平日)および年末年始(12月29日~1月3日)
入館料大人1200円、高校生600円、中学生以下無料(すべて税込)

新型コロナウィルス感染拡大防止のため、一部プログラムやサービス内容が変更・中止されています。また、以下の通り入場制限を実施しています。

  • ウポポイ入場には入場日の事前予約が必要です。
  • 国立アイヌ民族博物館の展示室に入館するには、別途、日時指定予約(無料)が必要です。(ウポポイ及び博物館の展示室ともにご来場日の2週間前から予約可) 
  • 体験交流ホールなどの一部屋内のプログラムは、ご来場当日、整理券等(無料)による入場制限を実施しています。
    お出かけの際は公式ホームページでご確認ください。
    公式ホームページ https://ainu-upopoy.jp

各施設情報については変更になる場合がありますので事前のご確認をお願いいたします。

PAGE TOP