ACTIVITY 13 世界に知られる究極のパウダースノー!北海道の極上ゲレンデ

北海道でスキーやスノーボードをする魅力は、なんといっても雪質のよさ。その質の高さは、ナショナル・ジオグラフィック・トラベラーが「究極のパウダースノー」と称賛したほどです。エリアによってはシーズンに入ると、さらさらの新雪の上にシュプールを描く快感をほぼ毎日味わうことも可能です。世界のスキーヤー、スノーボーダーが憧れる奇跡のような場所で、この冬、爽快に滑りを楽しんでみませんか?


(写真:ニセコグランヒラフ)

北海道のスキー場は早いところで例年11月下旬から、一般的には12月から3月下旬までが本格的なシーズンです。この期間はさらさらで良質な雪の上を滑走することができます。さらに場所によっては、本州では桜も咲き終わり、北海道にも開花前線がやってくるゴールデンウィーク頃まで営業するところもあり、春スキーを楽しめます。長いシーズンオフを前にしたラストランが桜の季節と一緒だなんてぜいたくですよね。スキーヤー、スノーボーダーにとって自慢したくなる思い出になりそうです。


(写真:ルスツリゾート)

多彩なコースも魅力の一つ。4つのスキー場を擁し、スケールの大きさとパウダースノーで外国人スキーヤーにも大人気のニセコユナイテッドをはじめ、3つの山が広がり37のコースが楽しめるルスツスキー場、上級者用からアジア最大級のファミリーゲレンデまでそろう星野リゾート トマムスキー場、札幌市内や新千歳空港からのアクセスが便利で気軽にパウダースノーを満喫できる札幌国際スキー場など、個性豊かなスキー場ばかり。目的やレベルに合わせて選べるのがうれしいですね。


(写真:サホロリゾートスキー場)

キリッと冷えた空気の向こうに、心が洗われるような景色が広がるのも北海道スキーの醍醐味。十勝岳・大雪山連峰の雄大な眺望の下、良質な雪質を楽しめる富良野スキー場や、十勝平野を望む解放感たっぷりのサホロリゾートスキー場などは、大自然をダイレクトに感じながら滑りを堪能できます。また、スキー場によっては、周囲に外国人観光客向けのバーやレストランなどもあり、一歩店内に入ればインターナショナルな雰囲気に浸ることができます。


POWDER SNOW HOKKAIDO(北海道スキープロモーション協議会)

お問い合わせhttp://www.skiing-hokkaido.com/ja/

各施設情報については変更になる場合がありますので事前のご確認をお願いいたします。

PAGE TOP