TV CM

TEAM NACS

メンバー全員が北海道生まれ。1996年、北海学園大学演劇研究会出身の森崎博之、安田顕、戸次重幸、大泉洋、音尾琢真により結成された演劇ユニット。「LETTER〜変わり続けるベクトルの障壁」(1996年)が初演。「LOOSER〜失い続けてしまうアルバム」(2004年)にて、初の東京公演を上演。以降公演を重ねる度に動員数を増やし、「悪童」(2015年)では、延べ60,000人を動員。千秋楽公演を全国の劇場へ生中継したライブ・ビューイングの動員30,000人と合わせて総計90,000人もの動員を収める。2018年には第二次世界大戦時の北海道を舞台とした「PARAMUSHIR〜信じ続けた士魂の旗を掲げて」を上演。全56ステージで80,000人を動員、ライブ・ビューイングと合わせおよそ115,000人を動員した。2021年には結成25周年を迎えた。同年、本公演を行うことが決定している。

PAGE TOP