4 “哲学の川”で自然や自分と向き合う、天塩川カヌーキャラバン

北海道でカヌーというと、尻別川や釧路湿原などがよく知られていますが、全国第4位(北海道第2位)の長さ256キロメートルに及ぶ大河、天塩川も日本有数のカヌーの聖地として多くの愛好者にとってあこがれの河川となっています。北海道で唯一、北に向かって流れる大河で、北海道遺産にも認定されている天塩川。そこには他の川にはない魅力が詰まっています。


天塩川は観光地にある河川と違い、整備された環境ではないため、自然の大らかさと力強さをしっかりと感じることができます。飾り気がなく、華やかさも少ないかもしれませんが、だからこそ自然とシンプルに向きあえる川。それが何よりの魅力です。素朴で、未開の地を開拓していくような冒険感がアウトドアファンの心を魅了し、中には自然と向き合い、自分とも向き合う時間を過ごさせてくれるこの川を「哲学の川」と呼ぶ人もいます。


体験プログラムは、数時間のコースから数泊するキャンプまであり、初めてのカヌー、川下りにチャレンジしたい人には「天塩川半日カヌートリップ」がおすすめです。一方、天塩川の魅力を存分に味わうなら「天塩川1dayカヌートリップ」、さらには「天塩川1泊2日キャンプトリップ」に挑戦しましょう。キャンプでは、川を下って辿り着いた川辺にテントを張り、流れのそばで眠る川旅の原点ともいえる贅沢な2日間を過ごせます。


天塩川は河口までの160キロメートルを一気に下ることができ、そこには人の手が加えられていない自然豊かな世界が待っています。力強い川の流れを感じながら、澄み渡る空、緑あふれる木々を望み、鳥の鳴き声、風のささやきを感じるカヌーの旅。ツアーではガイドがルートを示すこともありますが、岸に上がって川を見下ろしながらみんなでルートを決めることもあります。自分たちでカヌーを漕ぐ天塩川のツアーでは、ガイドに乗せてもらうカヌーとはまた違う喜びも得ることができるはずです。


天塩川カヌーキャラバン

お問い合わせBASIS http://dohokuexplore.jp/basis/

各施設情報については変更になる場合がありますので事前のご確認をお願いいたします。

PAGE TOP